「招待されたら気をつけろ」 Jリーガーのチャラい口説き方にMALIAも爆笑

しらべぇ

(画像はMALIA. 公式Instagramのスクリーンショット)
2007年ヴィッセル神戸に入団しプロサッカー選手として活躍、2018年に現役を退いた元Jリーガー・近藤岳登が8日放送『アウト×デラックス』(フジテレビ系)に登場。

「サッカー選手のチャラすぎる口説き方」を熱弁する姿に、バツ4でサッカー選手と2度結婚したモデル・MALIA.も共感を寄せた。

◼引退後に方向転換


引退後「サッカー選手の毒牙から女性を守る運動」に励んでいるという近藤。

「サッカー選手というライセンスは最強(にモテる)」と自身もモテたことを明言し、過去の経験から、現役選手の女性の口説き方を解説。女性への注意喚起とともに、サッカー選手には「そんなことをしてる場合じゃない。サッカーをして上を目指すべき」ともっともらしい理由を述べる。

これにマツコ・デラックスから「自分だけやってきて、あとの人のことだけ言うのは(ヒドイ)」と指摘されるが、「引退したらどうでもいい。嫉妬ですよ」と開き直った。


関連記事:古閑美保結婚で振り返るダルビッシュのある意味スゴい交際遍歴

◼招待席でわかる本気度


近藤は「選手から試合に招待されたら気をつけろ」と主張、これを聞いたMALIA.は心当たりがあるのか共感を見せひとりで爆笑する。

招待する席によって「本気度」がわかると近藤は解説。選手が家族を呼ぶメインスタンド上部の招待席やメインスタンド最前列には本命を。対して、バックスタンドには「本命がダメだったとき用のスタメンサブ」にあたる遊びの女性が並ぶという。

MALIA.は付き合ってすぐ「家族パスをもらった」とのことで、選手からすれば大本命と判明。近藤も「口説くというより、本当に来てほしいから来てもらうだけ」とサッカー選手にとって憧れの的だと主張する。

こういった実情があるなかで、スタメンで試合に出る機会が少なかった近藤は、スタメンが決まると一気に複数の女性を呼んでいたことを明かした。

◼MALIA.とのツーショットに…


さらに近藤が実践していた「女性が気をつけるべき点」は、選手のインスタ自慢。有名選手と撮った写真を投稿することで知名度アップを狙うと解説する。総じて、あくまでも一部のサッカー選手、近藤の経験と偏見にまみれた「口説き方」だった。

視聴者は近藤の解説を楽しみながらも、隣で話を聞くMALIA.とのツーショットにも注目。さまざまな意見が寄せられている。









◼約2割が「二股した」


しらべぇ編集部で全国20~60代の男女1,361名を対象に調査したところ、全体の約2割が「二股したことがある」と回答している。



アスリート・スポーツ選手がモテるのは周知の事実。近藤のように、二股どころではなく複数の女性を同時に口説いていた選手も多いのかもしれない。

・合わせて読みたい→ハリセンボン・春菜がファンの少年と対面で涙の別れ 視聴者から感動の声が相次ぐ

(文/しらべぇ編集部・サバマサシ

【調査概要】
方法:インターネットリサーチ「Qzoo」
調査期間:2017年2月24日~2017年2月27日
対象:全国20代~60代の男女1361名 (有効回答数)

当記事はしらべぇの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ