南キャンしずちゃん、「セミオトコ」で期待される「絵本の完成」

アサ芸プラス

2019/8/9 17:58


 お笑いコンビ・南海キャンディーズのしずちゃんこと山崎静代が、女優としてひっぱりだこだ。

8月1日放送の「ルパンの娘」(フジテレビ系)でのゲスト出演では、国際ロマンス詐欺の被害者・木口智子を演じ、ネット上では「他の女芸人にはできないキャラだった」「だまされた相手に面と向かって怒る様子がマジ怖でよかった」など称賛の声が相次いでいる。また“ジャニーズでいちばんの美形”と言われているHey!Say!JUMPの山田涼介が“セミの王子様”を演じていることで話題の「セミオトコ」(テレビ朝日系)ではレギュラー出演。やついいちろう演じる夫・マサとお笑いコンビを組んでいたが、現在は斜めにかぶったベレー帽がトレードマークの絵本作家・春を演じている。

「しずちゃんが演じる岩本春は、おそらく漫画『ドラえもん』に出てくるジャイアンの妹・ジャイ子からインスパイアされたキャラクターなのでしょう。ジャイ子もベレー帽がトレードマークで絵がうまく、少女漫画家を夢見ていましたからね。ドラマの中での春は、絵本が描けずに悩んでいますが、しずちゃん自身は絵が上手なことで有名です。これまでに『プレバト!!』(TBS系)で見せてきた水彩画やちぎり絵は、驚くほどの腕前でしたから、『セミオトコ』でも最終回には素晴らしい絵本を描きあげるのではないか。ぜひとも描きあげてほしいと、ネット上では期待の声が集まっています」(女性誌記者)

昨年11月には、自伝的絵本「このおに」(岩崎書店)を描いた山崎。ドラマ内での新作絵本の完成に期待したい。

当記事はアサ芸プラスの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

もっとよむ

注目ニュース

もっとよむ

あなたにおすすめ