ドキドキ、きゅんの瞬間。デートのとき、彼をじっと見つめてますか?

ハウコレ

2019/8/12 20:00



異性から見つめられる。これは特別な体験です。

「目は口ほどに……」「目力」なんて言葉もあるように「見る」ということの効果は絶大。なにせ、嫌いな人からじっと見つめられれば、あまりの嫌悪感にそれだけで鳥肌が立ってしまうほどですから。そして逆も同じで、自分が好きな人、気になる人からじっと見つめられるというのは(いい意味で)とてもドキドキしてしまいますね。

好きな人を見つめるなんていうのはこっちこそドキドキしてしまうのですが、これほど効果テキメンなのですから、デートの中で「ここぞ!」というときくらいは穴が空くほどじっと彼を見つめてみませんか?

■1.笑顔を横から
「隣同士座ってテレビ見たりしてるとき、俺がめっちゃ笑うと彼女が横からこっそり俺の笑顔を覗き見ているのは実は気がついてる。あれ、男子みんな好きな瞬間だと思う」(教員/24才)

「横から見つめる」のメリットは、女子が、好きな男子が部活を頑張ってる姿を陰から見てる的な一途さが伝わるところ。「こっそりバレないように見つめる」というのは、そこに秘められた強い想いを相手に感じさせることができるんです。

もちろんそれが相手に伝わらなかったら意味ありませんが、人の視線というのはとても強くて、例え目を合わせていなくても、見つめられていればたいていはその視線に気がつくものですので、心配は無用ですね。

■2.「あの」最中
「してるときに見つめられるのはドキドキする。普段はシャイで、目を合わせようとすると『やめてー(笑)』とか言って視線逸らしてくるのに、そういうときだけ見つめてきやがって……って」(アパレル/26才)

エッチのときは、彼は身体だけでなく気持ちまでとても敏感な状態です。なので、彼女から見つめられるというのは他のどんなタイミングよりもドキドキしてしまうし、彼女がすごく感じてくれているのがダイレクトに伝わっていい。

すごく至近距離で、というのもグッとくるポイントなのかもしれません。ちなみに、彼らの大好きなAVでは、女優さんは盛り上がりがピークになったときには必ず男優の顔をじーっと見つめているんだとか。完全な余談ではありましたが、そういうところからも、男子の本音が汲み取れる気がします。

■3.あと一秒、踏ん張って!
「目が合う時間、俺のことを見ている時間が他の子よりも長い子は、『俺のこと好きなのかな』とかも思うし、それに、単純に目が合うことでドキドキします」(営業/23才)

最後は、「正面から見つめる」をもう少し頑張ってみようというお話です。好きな人と目が合ったとき、すぐにそらす人と、そのまま相手が目をそらすまでキープする人がいますが、男子ウケがいいのはやはり後者。

もちろん、ずっと視線を合わせ続けようとするのは難しいし、それこそずーっと見ていたらはっきり言って気持ちが悪いので、そこまでは求めません。だけど、できればせめてあと1秒。「もう無理!」と感じて目をそらしてしまいたくなってからあと一呼吸は、彼とのアイコンタクトを続けてみてください。

これだけで、彼氏に限らず、あなたとコミュニケーションをする男子みんなが、あなたに対して以前よりほんのちょっとだけドキドキを持ち帰ってくれるようになるはずです。

■おわりに
目が合えば合うほど、彼を見つめれば見つめるほど親密度がアップするのに、好きな人とは目を合わせるのが難しいだなんてとんでもない皮肉ですよね。だけど、だからこそ、「目を合わせる女子」「彼を見つめる女子」が男子からモテるのかもしれません。みなさんが彼を見つめる時間、彼と目が合う時間が、今後、デートのたびに5秒でも、10秒でも長くなって、その分だけ大好きな彼からもっともっと愛されるようになることを祈っています!(遣水あかり/ライター)

(ハウコレ編集部)

当記事はハウコレの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

もっとよむ

注目ニュース

もっとよむ

あなたにおすすめ