「ハイキュー!!」声優・石川界人が「声優と夜あそび」8月度 MCとして登場

AbemaTIMES

2019/8/9 16:00



 「ハイキュー!!」影山飛雄役や「ポケットモンスター サン&ムーン」カキ役などで知られる声優の石川界人が、AbemaTVの声優トークバラエティ「声優と夜あそび」の8月度のマンスリーMCに就任。8月8日に生放送された同番組で、MCとして初登場した。

今年4月から「声優と夜あそび」木曜日は、浪川大輔(「ルパン三世」石川五ェ門役や「BLEACH」ウルキオラ・シファー役など)とマンスリーMCで番組を進行。森久保祥太郎、代永翼、岩田光央、吉野裕行に続き、8月は石川界人がマンスリーMCを担当することになった。少々緊張した様子の石川のMCぶりを、浪川は「お前、下手だな! いつもはもっと上手い」とイジっていた。

浪川は、6年ほど前、声優事務所プロ・フィットの社長から「うちに石川界人という良い子がいる」と言われたことがあるそうで、「それで初めて石川界人を認識した」と振り返った。その後、イベントで「やたら会場を走り回る子がいるな」と思っていたら、それが石川だったというエピソードも披露。「俺に小さい声で『行きます!』って言ってから走り回ったから、この子可愛いなーって思った」と若手時代の石川の懸命さを明かした。石川は「体を張らないといけないと思っていたんですよ」と語った。


 お互い共演した現場としては「ハイキュー!!」が印象的だったらしい。浪川が演じた及川徹は、石川が演じる影山の先輩にあたるキャラクター。物語の途中から参加した浪川は、アフレコ現場で“烏野チーム”がまとまって動く光景を見て、「すごく統制の取れたチームだな。もう負けた」と感心したことを明かした。また、現在共演する「ポケットモンスター サン&ムーン」の現場では、「界人くんはテストの段階から全力で演じる」と証言し、浪川は「見えないところでも努力している。良い子だな」と石川を称賛した。

また石川は、20代前半のとき、飲み会で浪川から「お前は27歳からだよ」とアドバイスされたことを明かした。「今は27歳を目標に頑張っています。それまでに自分をどれだけ積み重ねられるか」と語った。

(C)AbemaTV

当記事はAbemaTIMESの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

もっとよむ

注目ニュース

もっとよむ

あなたにおすすめ