【終了】台風10号、このまま列島直撃か? パワーを溜めつつジワジワ北上中…! 10号「お盆休みをぶっ壊す」



台風8号、9号、10号によるジェットストリームアタック的な猛攻に苦戦を強いられた日本だが、8号はすでに熱帯低気圧に変わり、9号も徐々に大陸方面へ遠ざかりつつある。だが、まだ安心はできない。圧倒的にヤバイ奴がこちらに接近しているのだ。

そのヤバイ奴とは、言うまでもなく台風10号「クローサ」のことである。本日2019年8月9日の12時現在、「非常に強い」勢力へとクラスチェンジを遂げた10号は、日本列島を目指してゆっくりジワジワ進行中だ。残念ながら、お盆休みへの影響は免れないだろう。さらば夏休み……。

・忍び寄る台風10号
先ほど「進行中」と書いたが、正確に言うとこの10号、ほぼ動いていない。気象庁の発表によると、本日12時の段階で小笠原近海にあって、ほとんど停滞しているようなのだ。明日10日の12時になってもまだ停滞しているらしいぞ。いや動け! 無職か!!

しかしその実体は、中心気圧950hPa、中心付近の最大風速45m/s、最大瞬間風速60m/sという大型台風なのでナメてはいけない。小笠原諸島は台風の影響を長い時間受けるおそれがあるため、十分な対策が必要になるだろう。

・このまま列島直撃か?
tenki.jpによると10号はその後、水温が28度以上ある南の海面からエネルギーをたっぷり吸収しながら、ゆっくり日本へ近づいてくるそうだ。が、どこに進むかはまだハッキリと分かってはいない。予報円が大きいため、細かな予測ができないのである。

とは言え、本州が影響を受ける可能性は高いようで、ウェザーニュースはもっとも速く進んだ場合、来週14日には西日本の太平洋側が暴風域に入るおそれがあると指摘している。つまり、お盆休みに直撃してしまうわけだな。

・来週は雨だらけ
各所の週間天気予報を見てみると、来週後半は雨マークの地域が全国的に増えている。今回は台風の進行速度が遅いせいで雲がかかる時間も長くなり、総降水量が1000mmに達する大雨になることもあるそうだ。帰省やレジャーへの影響は必至だろう。

・十分な備えを
「お盆休みをぶっ壊す!」と、握り拳を作りながら笑顔で接近している感のある台風10号。繰り返すが今後の進路はまだ不確定なため、最新情報の小まめチェックと早め早めの備えが重要になってくるはず。せっかくのお盆休みが残念なことになりそうだが、受け入れるしかあるまい。

参照元:気象庁tenki.jpウェザーニュースTwitter @wni_jp
執筆:お天気観測者・あひるねこ

画像をもっと見る
Related Stories

当記事はロケットニュース24の提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

もっとよむ

注目ニュース

もっとよむ

あなたにおすすめ