釈放の渡辺幸手市長が会見「青天の霹靂」「料金トラブルも暴力もない」

AbemaTIMES

2019/8/9 15:33



 広島市内のバーで、女性店員の顔面を数回にわたって殴った暴行の疑いで逮捕・送検され、8日に釈放された埼玉県・幸手市の渡辺邦夫市長が9日、会見を開いた。

当日の経緯について渡辺市長は、「被害にあった女性・Aさんが1人でママをされている店に行った。その店では、Aさんとカウンターごしに世間話で盛り上がりながら、瓶ビールを1、2本程度飲んだ。Aさんから『会計は安くする』と言われたが、余裕を持って1万円を支払ったところ、大変喜んでいた。したがって、Aさんとの間で料金トラブルは全くない。一部で料金トラブルがあったように報道されているようだが、そのような事実はない」と説明。逮捕容疑は「青天の霹靂。全く身に覚えのないこと」だという。

その後Aさんの店を出たあと、Aさんと別の店でビールなどを飲んだというが、帰ろうと店を出たところで警察に同行を求められたということだ。

渡辺市長は「Aさんとの間に料金トラブルはなく、ましてやAさんに暴力を奮ったことも誓ってない。これまで通り、警察や検察へありのままに話をして、一日でも早く、私にかけられた容疑が晴れることを望む」とした。
(AbemaTV/『AbemaNews』より)

当記事はAbemaTIMESの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

もっとよむ

注目ニュース

もっとよむ

あなたにおすすめ