小泉進次郎に同情の声 結婚するまでにいわれた言葉に「男でもキツイ」

grape

2019/8/8 14:22

2019年8月7日、自民党の小泉進次郎衆院議員が、フリーアナウンサーの滝川クリステルさんとの結婚を発表しました。

「令和元年一のビッグカップル」との呼び声も高い2人に、結婚発表直後は「おめでとうございます」と祝福の声が殺到。

しかし、小泉議員が自身の公式ブログを通じて、改めて支持者やファンに結婚を報告したところ、「かわいそう」「同情する」と、予想外のコメントが寄せられているといいます。

人々の同情を誘ったブログの一文が、こちらです。

「いつ結婚するんだ」「はやく嫁もらえ」「いい歳なんだから…」などと地元でも、国会でも、全国でも言われてきた私ですが、この度、結婚することをご報告致します。
小泉進次郎オフィシャルブログ ーより引用結婚に対する価値観は人それぞれです。結婚に適した年齢や、結婚の意思の有無は、誰かが一方的に決めていい問題ではないはずです。

政治家としての実績と同じくらい、もしかしたらそれ以上に、パートナーの有無についてもプレッシャーをかけられていた小泉議員に同情の声が寄せられました。

・「結婚しろ」ってのは、セクハラ発言だよ。

・ブログに「結婚しろ」「はやく嫁もらえ」っていうこれまでの発言を書けるあたり、本人も気にしていないってことなのかな。それも問題な気が…。

・いやいやいや、そろそろみんな価値観のアップデートしよ?いつの時代の発言だよ。

・男でも「いつ結婚するんだ」っていわれるのはキツイ。

仕事とプライベート、どちらも大切なことではあります。相手のことを思うあまり、「つい口出ししたくなってしまう」という人もいることでしょう。

しかし、いまはもう、人のプライベートに土足で上がりこむような発言が許される時代ではありません。ブログにつづった小泉議員の思いに、考えさせられる人は多くいました。


[文・構成/grape編集部]

出典 小泉進次郎オフィシャルブログ

当記事はgrapeの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

もっとよむ

注目ニュース

もっとよむ

あなたにおすすめ