漫画「山田太郎ものがたり」作者・森永あいさんが死去 嵐・二宮和也・櫻井翔でドラマ化も

モデルプレス

2019/8/9 12:51

【モデルプレス=2019/08/09】「山田太郎ものがたり」や「僕と彼女の×××」などで知られる漫画家・森永あいさんが2日に死去していたことが、別冊フレンド(講談社)の公式サイトからの発表でわかった。

◆嵐・二宮和也でドラマ化も「山田太郎ものがたり」作者が急逝



別冊フレンド編集部は公式サイトにて、「漫画家の森永あい先生が8月2日早朝に体調を崩され逝去されました。先生の突然で早すぎる訃報に接し悲しみを禁じ得ません」と発表。

続けて「別冊フレンドで描かれた『極楽青春ホッケー部』『キララの星』をはじめ、『山田太郎ものがたり』『僕と彼女の×××』など森永先生の作品はどれも楽しく笑いに溢れ、読む人の気持ちを明るくさせるものでした」「たくさんのすばらしい作品を生み出してくださった森永先生に深く感謝を申し上げるとともに、先生の作品が末永く読み継がれていくことを心より願っております」とコメントした。

森永さんは1993年、「11年目の女神」で漫画家デビュー。「あひるの王子様」、「極楽青春ホッケー部」、「僕と彼女の×××」などこれまで数多くの作品を残した。

中でも、代表作となった「山田太郎ものがたり」は嵐・二宮和也が主演、櫻井翔が共演で2007年にTBS系でドラマ化。本作品での二宮のコミカルな演技は当時話題を呼び、二宮自身の知名度を上げるきっかけとなった作品でもあった。

◆「山田太郎ものがたり」作者・森永あいさんの訃報に悲しみの声多数



多くの人気作品を生み出してきた漫画家・森永あいさんの突然の訃報に、ファンからは「森永先生の漫画はどれも、男女問わず読めた素晴らしい作品」「学生の頃から大好きで何度も読み返した」「貧乏でも楽しく生きる山田太郎の姿に、いつも励まされた」など、追悼の声がたくさん寄せられている。(modelpress編集部)

【Not Sponsored 記事】

当記事はモデルプレスの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

もっとよむ

注目ニュース

もっとよむ

あなたにおすすめ