スイスのインディペンデント系出版社Nievesの展覧会 キム・ゴードン、ミランダ・ジュライなど約200冊のZINEを紹介

NeoL

2019/8/9 12:00



ニーヴスの展覧会『ZINE WALL』が、東京・吉祥寺amalaで開催中。会期は、8月25日まで。2001年の設立以来、世界各国のさまざまなアーティストのZine(自主出版本)を発行してきたNievesは、スイス・チューリッヒに拠点をおくインディペンデント系出版社。

本展では、約200冊のZINEが集まる。

紹介するのは、デイビット・シュリグリー、アリ・マルコポロス、マイク・ミルズ、エド・テンプルトン、ラリー・クラーク、キム・ゴードン、ミランダ・ジュライ、レイモンド・ペティボン、リタ・アッカーマン、スーザン・チャンチオロ、ハーモニー・コリン、エレン・フライス、フィリップ・ワイズベッカー、ダッシュ・スノウ、マーク・ボスウィック、バリー・マッギー、長崎訓子、河井美咲、加賀美健、平山昌尚、ホンマタカシ、Yoshimi、Noritakeらの作品だ。

また、会場ではオリジナルエコバッグも販売する。

ニーヴス『ZINE WALL』2019年7月11日(木)~8月25日(日)会場:東京都 吉祥寺 amala時間:土、日曜14:00~19:00休廊日:平日不定休、7月13日~7月15日https://www.amalaworld.com/blogs/news/nieves-zine-wall

当記事はNeoLの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

もっとよむ

注目ニュース

もっとよむ

あなたにおすすめ