週間予報 台風10号お盆を直撃の恐れ 本州の影響は

日直予報士

2019/8/9 11:34

台風10号は動きが遅く、お盆を直撃する可能性がでてきました。本州では、三連休から高波などの影響も。台風の進路次第では、雨が強まったり、気温の予想が大きく変わったりしそうです。

●土曜日 沖縄はまだ大雨 晴れる所は「猛暑」と「急な雨」に備えて

「三連休」初日の10日土曜日は、台風9号は大陸方面へ遠ざかりますが、沖縄では影響が残り、風が強く吹くでしょう。うねりを伴った高波には、まだ警戒が必要です。雨は9日金曜日ほど強くはありませんが、雨量が更に増える恐れがあります。台風が遠ざかっても、土砂災害などに警戒を続けて下さい。
九州から東北南部は晴れて、猛烈な暑さが続くでしょう。最高気温は35度前後まで上がり、熱中症対策が欠かせません。そして、この暑さの影響で、午後は大気の状態が不安定になるでしょう。山沿いを中心に、あちらこちらで雨雲やカミナリ雲が発達しそうです。外のレジャーは、天気の急な変化に、お気を付け下さい。
一方、東北北部と北海道は、「元・台風8号」の影響で、昼頃まで雨の残る所があるでしょう。午後は雨が止んできて、雨のあとは、一時的に少し涼しい空気が入りそうです。

●小笠原諸島 土日は 台風10号が最も接近

台風10号は、9日金曜日午前9時現在、「大型」で「非常に強い」勢力を維持したまま、小笠原近海に、ほとんと停滞しています。台風10号は10日土曜日から11日日曜日頃にかけて、小笠原諸島に最も接近する予想です。
ただ、台風10号は、小笠原付近では「動きが遅い」のが特徴です。このため、小笠原諸島では、長い時間、影響を受ける恐れがあります。さらに、小笠原付近では海水の温度が高いので、暖かい海に長く居座ることで、台風10号は発達のピークを迎えそうです。10日土曜日から11日日曜日頃にかけては、小笠原諸島では、高波に厳重に警戒するとともに、暴風や大雨による土砂災害などにも警戒が必要です。

●台風10号 お盆を直撃 三連休から影響も

台風10号は、小笠原に影響をおよぼしたあとも、ゆっくりと北上を続けるでしょう。13日火曜日以降は、暴風域を伴ったまま、西日本や東日本の太平洋側に接近する恐れがあり、本州に近づく頃も、まだ「強い」勢力を維持する予想です。台風が本州に近づく頃は予報円が大きく、まだ進路が定まりませんが、予報のもとになる資料を見比べると、台風が本州に近づくタイミングが遅くなる可能性もあります。
ただ、台風の影響は、この三連休から出始めるでしょう。西日本や東日本の太平洋側では、台風10号からのうねりが入るため、三連休から波が高くなる恐れがあります。海のレジャーは、計画の変更も視野に入れて、十分な注意が必要です。
また、台風の進路次第では、来週の予報が大きく変わり、大雨になったり、風が強まったりして、お盆休みの交通機関に影響がでる恐れがあります。さらに台風が北上すると、気温の予想も変わる可能性があります。お盆休みにお出かけの際は、天気予報や交通情報のチェックを忘れないで下さい。
なお、この情報は9日金曜日の資料をもとに作成しています。最新の台風情報を確認して下さい。

当記事は日直予報士の提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

もっとよむ

注目ニュース

もっとよむ

あなたにおすすめ