「凪のお暇」“モテ男”中村倫也が本気モード、高橋一生に「俺と勝負しない?」

dwango.jp news

2019/8/9 12:00


大反響となっているTBS金曜ドラマ「凪のお暇」(なぎのおいとま・毎週金曜よる10時~)。番組公式Twitterのフォロワー数は回を重ねるごとに数字を伸ばし、第4話を前に13万9000人を突破した。3話放送後にまた1万人以上増えたことになる。

原作は累計250万部(1~5巻)を突破しているコナリミサトによる同名漫画。空気を読み過ぎて他人に合わせて無理をした結果、過呼吸で倒れてしまった主人公・大島凪を黒木華が演じている。そして“やべぇ”元彼・慎二を高橋一生、凪のアパートの隣人でこちらも“やべぇ”ゴンを中村倫也が演じている。

“やべぇ”と言っても、慎二とゴンのヤバさは別物。慎二(高橋一生)は、凪(黒木華)のことが大好きなのに、心とは裏腹な態度や発言を繰り返してしまい、最終的に3話連続で号泣。デキル営業マンだが、実は心に深い闇を抱えており、狂気の一面が表出することも。ただ、凪との切ないすれ違いが続いており、視聴者の応援する声も高まりを見せている。

ゴン(中村倫也)のヤバさは、「メンヘラ製造機」と言われてしまうくらい“人たらし”なところ。第3話では、凪(黒木華)はゴンのふわっとやわらかな空気に癒され早くも堕ちてしまい、一線を越えるという衝撃の展開となった。視聴者、とくに中村倫也ファンは「心臓もたない」「興奮で眠れない」など大きな反響が出た。

そんなやべぇ2人だが、ゴンが“メンヘラ製造機”だということに、慎二 (高橋一生) が気づくことになる。


第4話のあらすじは…

凪 (黒木華) から正式に別れを告げられ道端で泣き崩れてしまった 慎二 (高橋一生) の前に、ゴン (中村倫也) のクラブ仲間・エリィ (水谷果穂) が通りかかる。そのままゴンがいるクラブへ連れていかれ、そこで 「ゴンは付き合った女の子をダメにしてしまう、“メンヘラ製造機”」 だという話を聞く。凪とゴンが気になる慎二だが、一方で、大阪支社から異動してきた、OL時代の凪と同じサラサラストレートヘアの 市川円 (唐田えりか) と、距離が近くなっていた。

その頃、凪は隣人のゴンの部屋で一晩を一緒に過ごし、完全にゴンに堕ちてしまっていた。“良い意味で” どこまでも自由に振る舞うゴンに対して若干のモヤモヤを感じていた。しかし、ほかの女性と親密に話すゴンからは目をそらし続け、倹約家だったにも関わらずコンビニで食料を買い、ハローワークにも行かず自堕落な生活を送り続けるのだった…。

凪のことがどうしても気になる慎二は、再度、凪のアパートへ向かう。凪は出てこず、たまたま出てきたゴンとなぜかゴンの部屋で凪の帰りを待つことに。ついに直接対峙した慎二とゴンは…という展開。

第4話の予告映像では、凪(黒木華) とゴン(中村倫也)は「ゴンさんのことが、大好きです」「俺もなぎちゃん、だぁいすき」と言い合い、ゴンの部屋の合い鍵を渡すなど2人はラブラブ。しかし、「凪ちゃん最近おかしい」「あの男に騙されてる」「今なら止められる」と周囲からは心配の声が。雨の中、茫然と立ち尽くす凪の心中はいかに。そしてゴンが慎二 (高橋一生)に「なぎちゃんの元彼くん、俺と勝負しない?」と不敵な笑みを浮かべるシーンも映されており、元カレvs今カレの対決も見逃せない。

「凪ちゃん大丈夫かな」「凪ちゃんを助けて」と視聴者からも凪を心配する声が。気になる「凪のお暇」第4話は今夜22時から。

(C)TBS

当記事はdwango.jp newsの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

もっとよむ

注目ニュース

もっとよむ

あなたにおすすめ