男=あだむ!?絶対読めないキラキラネームランキング

gooランキング

2019/8/9 11:30

最近は子どもにおしゃれで個性的な名前をつける親も少なくありません。中には普通には読むことができない、当て字の名前も存在するようです。そこで今回は、読むことが難しいキラキラネームについて探ってみました。

1位 男
2位 心姫
3位 紅葉
4位以降のランキング結果はこちら!

1位は「男」!
「男」
生まれてきた子どもが男性だった場合、「強くたくましく、男らしく成長してほしい…」そんな思いを込めて名前をつける人も多いはず。そこで“男”という漢字一文字の名前をつける人も。読み方はなんと“あだむ”。あだむ(アダム)といえば旧約聖書にて、神が最初に創造した男性の名前。長男だから“あだむ”という名前の由来を聞くと納得できても、聞かないと“おとこ”と読み間違う人が多く、1位となりました。

2位は「心姫」!
「心姫」
生まれてきた子どもが女性だった場合、“心”や“姫”という漢字を選ぶ人も少なくありません。見た目にもかわいい“心”や“姫”という漢字。この二つを組み合わせて“心姫”という名前をつける人も。“ここめ”、“こひめ”、“ここな”などとも読めなくはないですが、実は“はあと”と読む名前も存在するんだとか。さすがにこの当て字は読めないと感じた人が多く、2位となりました。

3位は「紅葉」!
「紅葉」
秋を彩る真っ赤な紅葉。そんな鮮やかで美しい紅葉という漢字を名前につける人も多いよう。最近はおしゃれな名前が増える一方で、“もも”“さくら”といった古風な名前も好まれています。しかし、この場合の紅葉の読み方は“もみじ”ではなく、“めいぷる”。英語で紅葉を「メープル」と呼ぶことが由来のようですが、紅葉という漢字からその読み方を思いつかなかった人が多く、3位となりました。

このように、読み方を聞かなければ読めない当て字のキラキラネームが上位に選ばれる結果となりました。気になる4位~60位のランキング結果もぜひご覧ください。

みなさんは、どの名前が読めないと思いましたか?

調査方法:gooランキング編集部が「リサーチプラス」モニターに対してアンケートを行い、その結果を集計したものです。
有効回答者数:500名(20~40代男女:複数回答)
調査期間:2019年6月11日~2019年6月12日

当記事はgooランキングの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

もっとよむ

注目ニュース

もっとよむ

あなたにおすすめ