「不器用な5人が集まった夏組」MANKAI STAGE『A3!』~2019SUMMER~ 夏組単独公演初日レポート

SPICE

2019/8/9 11:19



イケメン役者育成ゲーム『A3!(エースリー)』を舞台化した、「MANKAI STAGE『A3!』」(エーステ)。2019年8月8日(木)、夏組単独公演の幕が上がった。第二回公演『にぼしを巡る冒険』、第三回公演『抜錨!スカイ海賊団』の2つの物語が展開される。

夏組公演の演目に悩む脚本担当の皆木綴(前川優希)は佐久間咲也(横田龍儀)と皇天馬(陳内 将)と相談中に、他の夏組メンバーが猫を探しているのを見て題材を思いつく。脚本が出来上がり、話し合いで主演は瑠璃川幸(宮崎 湧)、準主演は三好一成(赤澤 燈)に決定。なお、ネコ耳は必須。
今回の座長である幸は衣装制作も担当している。役に悩み、衣装にも悩み……そうした現状を、指導に来たMANKAIカンパニーOB・鹿島雄三(滝口幸広)は中途半端だと指摘する。「1週間後までに衣装が出来なければ主役を交代させる」とも言われてしまい……。

(C)Liber Entertainment Inc. All Rights Reserved. (C)MANKAI STAGE『A3!』製作委員会2019
(C)Liber Entertainment Inc. All Rights Reserved. (C)MANKAI STAGE『A3!』製作委員会2019

「エーステ」はキャラクターが役を演じる劇中劇も大きな魅力のひとつ。第二回公演『にぼしを巡る冒険』では、5匹の猫が大冒険! かわいい舞台セットにかわいい語尾、かわいい衣装にかわいい振付! かわいいづくしではありながらも物語は手に汗握る冒険談が繰り広げられる。
(C)Liber Entertainment Inc. All Rights Reserved. (C)MANKAI STAGE『A3!』製作委員会2019
(C)Liber Entertainment Inc. All Rights Reserved. (C)MANKAI STAGE『A3!』製作委員会2019

第三回公演は『抜錨!スカイ海賊団』。紙飛行機で遊んでいるうちに、初代夏組の資料を見つけたMANKAI寮のメンバー。そこには三角の祖父・斑鳩八角も所属していた。祖父も海賊をテーマとした公演を行ったことを知り、次公演の主演を務めたいと立候補する三角だが、ぼーっとして稽古に熱が入らない。その理由はやはり祖父・八角の存在のようで。準主演である椋が三角のためにもと勇気を振り絞って奮闘する。今回登場する斑鳩円(宇佐卓真)とのエピソードも切なく涙を誘う。

(C)Liber Entertainment Inc. All Rights Reserved. (C)MANKAI STAGE『A3!』製作委員会2019
(C)Liber Entertainment Inc. All Rights Reserved. (C)MANKAI STAGE『A3!』製作委員会2019

第三回公演は、第二回公演とはがらりと変わってかっこいいアクションシーンも用意されている。特に椋の堂々とした役どころは必見だ。公演を重ねるごとに彼らの演劇に対する熱意の高まりや、普段と役とのギャップが大きくなっている。
(C)Liber Entertainment Inc. All Rights Reserved. (C)MANKAI STAGE『A3!』製作委員会2019
(C)Liber Entertainment Inc. All Rights Reserved. (C)MANKAI STAGE『A3!』製作委員会2019

第二回公演では幸の迷いや衣装の対するこだわりと意地、幸を支えたいと行動する一成。第三回公演では祖父の思い出に焦がれる三角と、三角を支えようと奮闘する準主演の椋。そして夏組リーダーとして何ができるか悩み、サポート役の重要性に気付く天馬。各々が悩み、支え合い、そして絆を強める夏組単独公演であった。
(C)Liber Entertainment Inc. All Rights Reserved. (C)MANKAI STAGE『A3!』製作委員会2019
(C)Liber Entertainment Inc. All Rights Reserved. (C)MANKAI STAGE『A3!』製作委員会2019

「夏のカンカン照りのようなパワーを」初日囲み会見

MANKAI STAGE『A3!』~SUMMER 2019~ 囲み会見
MANKAI STAGE『A3!』~SUMMER 2019~ 囲み会見

ーー開幕に向けてのコメントをお願いします。

陳内 将(皇 天馬役):夏組単独公演が発表されてから、本当に今日が楽しみで仕方なかったです。いざ初日を前にして、多少の緊張とそれを超えるワクワクや楽しみがあり、それを一緒に超えれる絆も感じている最中でございます。春組公演からバトンをつないで僕たちもシーン毎、ひとセリフ毎でしっかりバトンをつないで秋組単独につなげられるように、しっかり役目を全うしようと思いますので、なにとぞ応援していただければと思います。

宮崎 湧(瑠璃川 幸役):長いようであっという間だった稽古を終えて、暗いトンネルをみんなで手をつなぎながら光が見えてくる方向に一歩ずつ慎重にやっと抜けてきたなと、初日を前に感じております。幸くんらしく、強く強く佇んで、夏組として支えてもらうところは支えてもらって、最後まで仲間たちを信じぬいて走り抜けたいと思います。

野口 準(向坂 椋役):春夏公演から約1年くらいですが、こうしてまた夏組のみんなと芝居ができることを本当に心から嬉しいです。たくさんの人にこの夏組の絆を見せつけられたらなと思っております。

本田礼生(斑鳩三角役):この単独公演が決まってからみんなで「早くやりたいね!」って待ち焦がれた日々でした。初日が来るっていう実感がなくて「明日が本当に来るのかな?」と思いながら昨日は眠りました。いざ当日になってみて、緊張と不安と楽しみといろんな気持ちが入り乱れています。誰も見たことがない夏組公演になるんじゃないかなと思っています。

赤澤 燈(三好一成役):いよいよ初日です。改めて感じたのは『A3!』のメンバーのように本人たちもすごく人間的に不器用な人が集まって5人で夏組をやっているなと感じた稽古期間でした。でもその不器用さがうまくはまったときにどこの組にも負けない、夏のカンカン照りのようなパワーを発揮できるような組だなと思えました。それを舞台上で爆発させたいなと思います。

宇佐卓真(斑鳩 円役):僕は急にぽんと入ったので、最初は不安なことも多くて。でも役どころ的にはそれでもいいのかな、一人でぽつんとしててもいいのかなって思っていました。稽古をするたびにみなさん本当に優しくておもしろくて。楽しい稽古現場で、劇場入りしてからもすごく楽しかったんが、今日が初日という事であとは56公演突っ走っていくだけだと思います。すごく(終わるのが)寂しくなっちゃいそうだなって……。

赤澤:まだだいぶ早い!

宇佐:東京公演も地方公演も最後までみなさんと一緒に頑張っていけたらと思っております。
(C)Liber Entertainment Inc. All Rights Reserved. (C)MANKAI STAGE『A3!』製作委員会2019
(C)Liber Entertainment Inc. All Rights Reserved. (C)MANKAI STAGE『A3!』製作委員会2019

ーー稽古期間で印象的だったことは?

陳内:暑かったよね。

赤澤:稽古期間の最初はまだ夏に入ったころで、なんか前までの夏組感出せないなぁって思ってお芝居していたのが、暑さも本格的になっていくにつれて以前の春夏公演の時の「うわぁこれ楽しかったな!」っていう夏組の空気感が蘇ってきたなっていうのがありました。

本田:濃密すぎて! もっと乗り切れるかと思ってたら、ダンスやお芝居で壁にぶつかっちゃったりっていうことがたくさんありました。そのたびに乗り越えられてきたって感じですよね。

陳内:確かに。日々課題があった。

赤澤:あとは稽古場に炊飯器がありました。つまり同じ釜の飯をみんなで食べました。

陳内:交代でおかずを買ってきてね(笑)。

ーー円から見て、夏組の印象はどうでしょうか?

宇佐:僕も秋冬と春組単独公演は観に行きましたが、本当に稽古場で一緒という事もありますがすごい元気。個人がすごいたってて、うるさい方々だなぁと。

一同:(笑)

宇佐:僕は人見知りであまり自分からいけないんです。皆さんも人見知りだって言うんですが、みんな来てくれて、仲良くさせてもらってます。
(C)Liber Entertainment Inc. All Rights Reserved. (C)MANKAI STAGE『A3!』製作委員会2019
(C)Liber Entertainment Inc. All Rights Reserved. (C)MANKAI STAGE『A3!』製作委員会2019

ーー神戸で公演中の「Film Collection 2019 in Kobe」で、支配人・松川伊助(田口涼)と迫田ケン(田内季宇)が「ライバルは夏組単独公演だ」と仰っていました。そちらへのメッセージもお聞きしたいです。

陳内:僕たちは“仲間”だと思っています。

赤澤:別に対戦相手じゃないよね(笑)。

陳内:僕たちは自分たちがライバルだと思っていますので。

本田:でもすごいですよね。神戸で「フィルコレ」、東京で夏組の公演って。

陳内:同じコンテンツ、しかもロングラン。

野口:向こうも稽古場に来てくれたりとかしましたもんね。

陳内:うん。こうして2つの場所で「エーステ」を展開しているのがすごいことですし、向こうも頑張ってほしいし、こちらも負けないように頑張れたらなと思っております。

ーー「エーステ」は音楽も魅力かと思います。楽曲のここが良いぞ! というところを教えてください。

本田:チームごとに伝えたい色が違ったりすることですかね。夏組は絆だったり、騒がしさということが押されているんじゃないかなって。

赤澤:夏って騒がしいようなイメージがあるけど、楽曲的には夏の儚さのような切ない部分も入っていて。

陳内:セミみたいな感じかなぁ。

赤澤:そこは花火とかにしようよ!

一同:(笑)
MANKAI STAGE『A3!』~SUMMER 2019~ 囲み会見
MANKAI STAGE『A3!』~SUMMER 2019~ 囲み会見

稽古中は壁にぶつかったと話していたがそのような苦労を微塵も感じさせず、開幕を目前に全員が同じ方向を向いている事がうかがい知れた。はちきれんばかりのワクワクが伝わってくるようで、お互いに笑いあう様はとても「夏組」らしい。春組とはまた違った種類の信頼や絆が、雰囲気が感じられる初日の会見であった。

(C)Liber Entertainment Inc. All Rights Reserved. (C)MANKAI STAGE『A3!』製作委員会2019
取材・文・撮影:松本裕美

当記事はSPICEの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

もっとよむ

注目ニュース

もっとよむ

あなたにおすすめ