矢沢永吉 LAレコーディング、仲間とのツーリング、自身所有クルーザーでのロングインタビューなど、60分のドキュメント番組放送決定

SPICE

2019/8/9 10:30


今年2019年9月に70歳を迎える矢沢永吉の密着ドキュメント番組が、NHK総合にて8月24日(土) 22:10~23:10に放送されることが決定した。

番組では、L.A.でのレコーディングや自身所有の船でのロングインタビューなどが公開される。

矢沢曰く「最後かもしれない」という新作のレコーディングは、通訳なし、マネージャーなし、たった一人でアメリカに乗り込み、ロサンゼルスで凄腕のミュージシャン達と対峙。“矢沢が求める音”を作り上げていく一部始終をカメラが捉えた。矢沢が70歳で発表しようとしている新曲たち、半世紀に及ぶ矢沢の“ロックの集大成”たる楽曲の制作に、老齢の矢沢が全身全霊で臨む感動の舞台裏が明かされる。


また、レコーディングの合間にプライベートな仲間と出かけた“ハーレーツーリング”にもカメラは同行。実に18年ぶりに仲間とバイクで走り、ハーバーでお茶をして、スーパーではBBQの買い出しをして、焚火を囲み、酒を飲み、リラックスした矢沢が初めて語った“サンタバーバラで挙げた結婚式”のこと。さまざまな思い出があふれ出し、人生を総括するような矢沢語録が次々とこぼれ出す。

さらに今回「俺の人生を語ろう」と矢沢はスタッフを自ら所有する船に招き、キャビンでのロングインタビューを実施。驚くべき“今の想い”が語られるという。

ロサンゼルスでの密着ドキュメント、自ら所有するクルーザーでの船上ロングインタビュー、そして7年ぶりとなる新作に収められる“70歳の矢沢の歌”で織りなすカリスマ・矢沢永吉の今を伝える60分を、楽しみにしていてほしい。


当記事はSPICEの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

もっとよむ

注目ニュース

もっとよむ

あなたにおすすめ