木村一基九段の封じ手から再開、巻き返しなるか 豊島将之王位が3連勝か/将棋・王位戦七番勝負

AbemaTIMES

2019/8/9 09:03



 将棋の王位戦七番勝負第3局が8月9日、福岡県福岡市「大濠公園能楽堂」で再開した。1日目に、挑戦者の木村一基九段(46)が封じた52手目が明かされ、初防衛を目指す豊島将之王位(名人、29)の手番で2日目の幕が開いた。

同シリーズは第1局、第2局ともに豊島王位が勝利。通算3期のタイトル歴を誇るが、いずれも奪取で、本局に勝利すれば自身初のタイトル防衛に王手をかけることになる。一方の木村九段は、1997年4月にプロデビューを果たし、今回でタイトル挑戦は7度目。悲願の初タイトルに、まずは1勝取り返したいところだ。

持ち時間は各8時間の2日制。両者の過去の対戦成績は、豊島王位の6勝4敗。AbemaTVでは、この対局を終了まで生放送する。

【封じ手時点での残り持ち時間】

豊島将之王位 4時間(消費4時間) 木村一基九段 4時間37分(消費3時間23分)

(C)AbemaTV

当記事はAbemaTIMESの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

もっとよむ

注目ニュース

もっとよむ

あなたにおすすめ