陰キャだった高校生が夏休みに不良になったら激しくモテた! 藤沢数希のモテる映画工学

日刊SPA!

2019/8/9 08:30

―[モテる映画工学]―

~映画『ホット・サマー・ナイツ』~

◆陰キャだった高校生が夏休みに不良になったら激しくモテた!

ダニエルは父を亡くし、母子家庭で育つ少年だ。マッチョ大国アメリカでヒョロガリの陰キャ。夏休みに叔母が暮らす美しいビーチがある風光明媚な街に行くことになった。

観光客でも地元民でもない陰キャのダニエルは、居場所がなく孤独である。ひょんなことからダニエルは地元の不良のハンターが警察から麻薬を隠すのを助け、つるむようになる。高校を退学させられたハンターは観光客たちに大麻を売りさばく売人をしていて、人を殺したことがあるという噂もあった。

陰キャのダニエルはもちろん女にモテない。勇気を出して声をかけても笑いものにされる。ところが、不良のハンターとつるむようになると、モテ始めるのだ。やがてダニエルは「俺にも大麻を売らせてくれ」とハンターに頼み、犯罪に手を染めていくのだが、そうやって人に言えない何かを持っていると、ミステリアスな感じがしてモテるようになる。

もともと不良のハンターと違い、陰キャのダニエルは一度タガが外れると暴走し始め、もっと危ないドラッグを大量に売りさばくようになり、やばいマフィアたちと付き合い始める。

小学生だと脚が速い男子がモテまくるのだが、日本でも中学生だとモテるのは不良だ。大学生になるとオシャレなイケメンがモテて、働くようになると一流企業のサラリーマンがモテる。女たちは自分が生きているコミュニティの中で、ほかの女が好きな男が好きなのだ。だから、ライフステージによってモテるキャラが次々に変わる。ただし、中学生の不良はモテるが、おっさんになっても不良だと痛々しいだけである。

―[モテる映画工学]―

【藤沢数希】

理論物理学研究者、外資系金融機関を経て、作家。メルマガ「週刊金融日記」は読者数1万人、ツイッターのフォロワーは14万人を超える。最新刊『損する結婚 儲かる離婚』が発売中

当記事は日刊SPA!の提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

もっとよむ

注目ニュース

もっとよむ

あなたにおすすめ