⾜⽴佳奈、新曲のモデルは『今⽇好き』のあの子? ⾜⽴佳奈×人気高校生・のあ対談インタビュー

AbemaTIMES

2019/8/9 11:00



 毎週⽉曜⽇よる10時から放送中の AbemaTV(アベマ TV)『今⽇、好きになりました。』(通称『今⽇好き』)。シンガーソングライターの⾜⽴佳奈が歌う番組の新テーマ曲「ひとりよがり」が、各⾳楽配信サービスのランキングで 1位を獲得し、話題を集めている。

『今⽇好き』は現役⾼校⽣の男⼥が異国の地で2泊3⽇を繰り返し、“運命の恋を⾒つけるまで終わらない恋の修学旅⾏”を通して本当の恋を探す、⼈気の恋愛リアリティーショーだ。

楽曲「ひとりよがり」は、ハワイを舞台に男⼥9⼈が参加している「夏休み編」のテーマ曲で、⾜⽴が「『今⽇好き』で恋に破れたメンバーを思い浮かべながら歌詞を書いた」という切ないラブソングだ。「切なすぎて泣ける曲」「胸に刺さる」と反響があり、⼥優の新木優子も同曲について「すっごく素敵」と⾃⾝のInstagramにて絶賛していた。

 AbemaTIMESではそんな⾜⽴と、現在放送中の「夏休み編」に出演中の鉄篦啞(くろがね・のあ ※以下のあ)にインタビューを実施。これまでのシリーズでは恋に破れ続けているのあだが、切ない曲の内容から“のあのテーマソングでは?”という視聴者の声について直撃してみた。事実であれば最終回の⾏⽅がわかってしまいそうだが、2⼈の回答は…?


――⾜⽴さん、ランキングでは1位になるなど、新曲「ひとりよがり」はかなり反響がありますね!『今⽇好き』にもぴったりです。

のあ: そう!そうなんですよ。こんなにぴったりの回(夏休み編)に当てはまる歌があるんだ!みたいな。最⾼です。

⾜⽴: ありがとうございます。『今⽇好き』の出演者の皆さんに共感してもらえたらいいなと思って作った歌で、恋が実らずに前に進もうとしている⽅や、前向きにはなれていないけど前向きになろうとしている⽅に、是⾮聴いてほしいと思っています。メロディも切なさや夏の終わりを感じさせるようになっているので、初めから最後まで楽しんでいただきたいです。

―切ないメロディや歌詞が⼈気ですが、どんな思いを込めて作詞されましたか?

⾜⽴: 
例えば「連れていかないで夏」というのは、恋に破れて“僕を置いていかないで”、夏の終わりとともに君との別れを感じて夏が君を連れていってしまう、という意味を込めていて、『今⽇好き』で⼿を差し伸べて告⽩するシーンをイメージしました。「このまま時が⽌まればいいのに」という箇所は、みんな告⽩の前は楽しそうにしているので、きっとそんなことを思いながら旅をしているんだろうなと考えてみました。


――なるほど。“恋に破れて”ということは、これまでフラれ続けている、のあくんのことも思って歌詞を書いたのでしょうか?

⾜⽴: 『今⽇好き』メンバーは、なっちゃん(現在「8467」(=やしろなな)として活躍中/第12弾、13弾に出演)、moca ちゃん(第13弾に出演)とか、いろんな歴代のフラれてしまった⼦たちをイメージしながら、恋が実る前の前後の気持ちなどもイメージしながら作りました!

――のあくんは Instagram のストーリーでこの曲について「⾃分に当てはまりすぎてる」と投稿していましたが、どの部分が共感できましたか?

のあ: サビの「会いたいな何度でも会えないの もう⼆度と」というところが、もう⼀⼈ののあ(倉⽥乃彩/現在放送中の「夏休み編」に出演)を勝⼿に思い浮かべました。今⽇も聴いてきましたよ。

――のあちゃんを思い浮かべたんですね!

⾜⽴: ありがとう!サビで「あいまいな恋なんてバカみたい」というのがあるのですが、『今⽇好き』ならではの恋って、最初は曖昧になんじゃないかな?と思っていて。お互いの気持ちわからないですよね…。

のあ: (⾷い気味に)わかんないです!!!全然わかんないです。


『今日好き』夏休み編より倉田乃彩(左)と くろがね・のあ(右)
――“今⽇好きならではの恋”ということで、2⼈が思う『今⽇好き』とは?

⾜⽴:
 普通の恋愛とは違いますよね。視聴者としては、本当に好きになるの?って。のあくんも、前のシリーズで好きになった⼈がいるわけだけど、フラれて気持ちがなくなるのが早くない?(笑)

のあ: 僕も謎なんです(笑)

⾜⽴: 早くない?って思うけど、夏休み編を観ていると、のあくんは本当に向き合ってるんだなあ、て。前に思ってた⼈じゃなくて、今⽬の前にいる⼈とちゃんと向き合ってる。それは場所や環境が変わって気分が⾼まったり、新たな第⼀歩として踏み出せるところが、他の恋と違う『今⽇好き』の魅⼒かなって思います。恋に破れて、次の⼦が現れたら、もう⼤丈夫だ!ってなるの?

のあ: いや、全然なりませんよ。最初に出たハワイ編はまやがしゅんと成⽴して、忘れられなかった。でもそこでずっと嫉妬してたらしゅんは友達なので嫌かなと思って。いつまでも引きずらずに、新しい恋で“しゅんまや”を越してやろう!って思います。あとは僕が『今⽇好き』に出るといつもライバルが出てきちゃうんですよ。それでさらに本気になっていく。負けず嫌いだから。

⾜⽴: なるほどね、そういう気持ちなんだね。

――ありがとうございます。ではのあくんから、『今⽇好き』を⾒ている視聴者に今後の「夏休み編」の楽しみ⽅を教えてください。

のあ: 僕は今回が最後の旅にしようと決めていて、いつも以上にワクワクしたりハラハラしたり、思いが全部つまったシリーズにとなっているのでそこに注⽬してほしいです。夏休み編が⼀番緊張して印象深い。そしてこの歌は、この先ずっと思い出が蘇ります。

――…ということは、夏休み編の最後は「ひとりよがり」になりそうですか?

のあ: それは歌を聴いて想像を膨らませて、最終回を楽しんでみてください(笑)

――うまいですね!(笑)今⽇は2⼈ともありがとうございました。

⾜⽴&のあ: ありがとうございました!




当記事はAbemaTIMESの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

もっとよむ

注目ニュース

もっとよむ

あなたにおすすめ