米SNSで話題沸騰「ナンバーネイバー」に「感動」「気持ちが悪い」と反応は真っ二つ

AbemaTIMES

2019/8/9 07:19



 現在、アメリカでは「Number Neighbor(ナンバー・ネイバー)」という遊びが流行中だという。

どんな遊びかというと、自分の携帯番号の末番が1つだけ違う”電話番号のお隣さん”に突然ショートメールを送り、相手の反応をスクショして、SNSで公開するというもの。


 実際どんなやりとりが行われているかというと、例えば「やあ! ナンバー・ネイバー友達にならない?」と送ると、これに対し「ナンバー・ネイバー? 私はずっと見知らぬ人と友達になりたいと思っていたの」、(中略)いくつかやり取りを経て「今いくつ?」と質問すると、「まさか! 私も22(笑)」というような流れで、交流が始まるというケースがあるという。その一方で、「やあ! ナンバー・ネイバー」と送信すると、「放っておいて おバカさん」と冷たくあしらわれるケースも。さらには、「よお、ナンバー・ネイバー」とコミュニケーションを図ると、「こんにちはナンバー・ネイバー でもね 私は 前大統領のバラク・オバマなんだ だからこういうメールはやめてね」という返信が。送信者が正体を疑うと、オバマ氏のセルフィー風の画像を添付して「信じてくれたかい」と返ってきたというが、真偽は不明だ。

突然メールが送られてきた人の反応は「遠く離れた地に友達ができて喜ぶタイプ」「奇跡的な出会いに感動するタイプ」、そして「気持ちが悪いなど一切拒否するタイプ」の2つに分かれるんだそう。また、著名人がSNSで「私は送ってない」となりすまし行為を注意喚起するケースもあるようで、CNNは6日、「どうしてこんなに流行したのか疑問が残る。私たちからのアドバイスは『ナンバー・ネイバー』に参加するときは十分用心してくださいね」と注意喚起を呼びかけている。
(AbemaTV/『けやきヒルズ』より)

当記事はAbemaTIMESの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

もっとよむ

注目ニュース

もっとよむ

あなたにおすすめ