展開に心が踊らない…矢野顕子の「なつぞら」評に“共感する声”が続々!

アサジョ

2019/8/9 07:15


 中川大志演じる坂場一久との結婚を決めた朝ドラ「なつぞら」(NHK)で、広瀬すず演じるヒロイン・なつ。8月5日放送の第109話では、2人はなつの故郷である北海道・十勝にある柴田家を訪れ結婚を報告。予告によると、今週中になつの白無垢姿も見られるようだ。ところがネット上では「なつぞら」視聴から脱落する人も少なくないようだ。

「そんな状況の中、7月26日にミュージシャンの矢野顕子がツイッターに投稿した『なんとなく、ここしばらくのなつぞらの展開に心が踊らない。恋愛に花が咲くのはこういうドラマではよくあることなのかもしれない。でもさ、わたしはなっちゃんがどんなものに挑戦し乗り越えて行くのか、が観たいんだなあ』がネット上で共感を呼んでいるようです。さらに8月3日には『なっちゃん、別れていいんだよ。憧れとか尊敬とか生き方が好きとかって愛とは違うんでねーがい?えっ、あなたには言われたかない?ですよねえ。ニューヨークのおばちゃん、しつこくてごめんよ』と投稿しています。矢野と同じく、最近の『なつぞら』の展開や、なつが一久と結婚する理由などに疑問を感じる人が少なくないようです」(女性誌記者)

成功体験談より苦労話のほうが視聴者からのウケがいいと言われている朝ドラ。9月末のクライマックスに向けて、なつにはどんな苦難が待ち受けているのだろうか。

当記事はアサジョの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

もっとよむ

注目ニュース

もっとよむ

あなたにおすすめ