高橋一生×蒼井優『ロマンスドール』、2020年正月第二弾での公開決定

 俳優の高橋一生が主演を務め、蒼井優が共演するタナダユキ監督最新作『ロマンスドール』が、予定されていた今秋の公開を延期して、2020年に正月第二弾で公開されることが決定した。今作には麻薬取締法違反の罪に問われ懲役1年6ヵ月、執行猶予3年の刑が確定したピエール瀧(本名:瀧正則)が出演しており、事件発覚後、製作委員会で協議を重ねた結果延期が決まったという。

【写真】主演の「高橋一生」フォトギャラリー

本作は、2008年に雑誌「ダ・ヴィンチ」で連載されたタナダユキの小説『ロマンスドール』を、タナダ自身の脚本・監督により映画化。男女が強く引かれ合い、すれ違い、もがきながらも、夫婦として本当の幸せを見つけていく物語を描く。キャストには高橋、蒼井のほか、きたろう、渡辺えり、浜野謙太、三浦透子、大倉孝二といった個性豊かな実力派俳優陣が集結する。

美人で気立てのいい園子(蒼井)に一目ぼれして結婚した哲雄(高橋)が、彼女にずっと隠し続けていること、それはラブドール職人の仕事だった。平穏に過ぎていく日常の中、哲雄は仕事にのめり込み、園子とは次第にセックスレスに。いよいよ夫婦の危機かと思ったとき、園子はぽつりと胸の中に抱えていた秘密を打ち明ける…。

ピエール瀧の事件発覚後、協議を重ねてきた映画『ロマンスドール』製作委員会は、公開を希望するたくさんの声が集まったことから、再撮影は行わず、公開を2020年正月第二弾に延期することを決定。「無事に劇場公開できる運びとなった事を製作委員会一同感謝申し上げるとともに、引き続き応援を賜りますよう、宜しくお願い申し上げます」とコメントを寄せている。

映画『ロマンスドール』は2020年正月第二弾公開。

当記事はクランクイン!の提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

もっとよむ

注目ニュース

もっとよむ

あなたにおすすめ