伊原六花、“大失敗”もあったダンス部時代…当時の仲間は「頑張れる源」


●失敗談話せて「救われました」
女優の伊原六花が、14日(19:30~20:42)に放送されるNHK総合の特番『NHK杯 輝け!!全日本大失敗選手権大会 ~みんながでるテレビ~ 夏スペシャル』で、あの“バブリーダンス”で知られる大阪府立登美丘高校ダンス部キャプテン時代の“大失敗”を初披露する。キャプテンと言うとしっかり者のイメージだが、部員たちの前で見せる厳しい顔から想像できないエピソードに、収録スタジオは大盛り上がりとなった。

そんな失敗もあった青春時代の経験は、出演中のNHK連続テレビ小説『なつぞら』(総合 毎週月~土曜8:00~)の現場をはじめ、今の女優業にも生きているという――。

○■自分の中で記憶を書き換えていた

――『NHK杯 輝け!!全日本大失敗選手権大会』の収録を終えていかがですか?

「バブリーダンスはどうでした?」と聞かれることはよくあるんですけど、失敗談を話すということは今までなかったんです。結構隠し続けてきた部分があったので(笑)。今回初めて番組で話させてもらって、それを面白い感じに笑っていただけたので、ちょっと救われました。

――救われた気分なんですね(笑)

ダンス部時代に失敗した映像も今回流れて、私、嫌すぎて見てなかったんです。自分の中ではだいぶごまかすことができたと思って頭の中で処理してたんですけど、あらためて見たら全然隠しきれてなくて、相当自分の中で記憶を書き換えてたんだなと思いました(笑)。でも、話せてよかったというか、ホッとしています。

――お客さんの前で失敗談を話すのは、ダンスをパフォーマンスするのとは違う緊張感がありましたか?

最初は緊張するかなと思ったんですけど、もともとしゃべることも好きだし、(MCの)東野(幸治)さんと村上(信五)さんがたくさん聞いてくださったので話しやすかったです。ただ、想定していたことから結構脱線して、「そういえばこんなこともあったな…」と思い出しながら話していました。

――やはり東野さんと村上さんが同じ関西出身ということで、やりやすい部分もありましたか?

そうですね。お2人とも何度かお会いしたこともあったので、話しやすかったです。

――他の番組では見ないくらい、結構関西弁が出ていました(笑)

ダンス部時代のことや大阪のことをしゃべったり、お2人もすごい関西のノリで来てくださるので、関西弁になりました(笑)

――2人がミニコントでダンス部員になる場面もありましたし、それをキャプテンになって返している伊原さんも見事でした(笑)

本当に楽しかったです! 当時をめちゃめちゃ思い出しました。「こんな感じで言ってたなぁ」とか、「圧が強くて後輩とか嫌だったろうなぁ」とか思いながら(笑)

○■キャプテンの立場を利用して…

――当時は100人の部員をキャプテンとして厳しくまとめていた伊原さんですが、その経験が今のお仕事に生きている部分はありますか?

キャプテンだからしっかりしなきゃというのはずっと思ってたんですけど、コーチが本当にすごくて。自分の寝る時間も削ってダンス部に費やしてくれていたのをそばで見ていたので、事前に準備していくことの大切さはすごく学びました。

――今、まさに朝ドラ『なつぞら』の撮影中ですが、事前の準備を大切にして臨んでいるんですね。

朝ドラの場合は、週の始めに1週間の分のリハーサルをやらせてもらえるので、そこで主演の(広瀬)すずさんをはじめ、皆さんが完全にセリフを覚えてくるので、そういう意識の高い現場にいさせてもらって「これがプロなんだな」と思いながら、セリフを覚えてシミュレーションして、撮影の準備をしています。

――そうすると、朝ドラの現場では“失敗”なく、過ごせているんですね。

記憶を書き換えていなければ、ないと思います(笑)

――ダンス部時代は、今回披露したエピソード以外でも、何か失敗したことはありましたか?

本当はダメなんですけど、キャプテンという立場を若干利用して、ごまかしていました(笑)

――えっ!? もみ消していたんですか?(笑)

忘れ物をしたら、キャプテンに報告しないといけないんですけど、私が忘れ物をしたときは誰にも報告しなくていいじゃないですか。だから、バレないようにお父さんに「急いで持ってきて!」って連絡して来てもらうとか、なんとかごまかしてました(笑)。だからこそ、今回お話した失敗は、ごまかしきれないミスがすごい際立ちました(笑)

――放送を見たら、当時のチームメイトの人たちも驚くんじゃないですかね。

それもありますけど、たぶん、みんな「もっと他にも失敗あるやろ!」って言うと思います(笑)。私は記憶を書き換えるし、バレてないと思ってやってきたので、当時何をやらかしていたのか、ごまかしていたのに気づかれていたのか、みんなに聞いてみたいです。これをきっかけに全部膿(うみ)を出して、気持ちを新たにして一からやり直したいです(笑)

●ダンス部仲間と今も続く絆
――「失敗」の反対は「成功」ですが、今までの一番の成功は、やはりバブリーダンスでしょうか?

そうですね。「日本高校ダンス部選手権」の準優勝で、その結果が出たときは落ち込んでいたんです。でも、見てくださった方に「面白い」と言っていただいて、その言葉に救われた部分があります。今のお仕事もそれがきっかけで導いてもらったので、成功というか、自分の中ですごく大きな出来事だったなと思います。

――バブリーダンスの当時に、こうして朝ドラに出るなんて想像できなかったですよね。

全く想像してなかったですし、将来の夢に芸能人という候補が入ることすらなかったので、なんだか不思議だなと思います。でも、バブリーダンスって自分の芯になるというか、初心に戻れる場所なので、あれがあっての今なんだというのを忘れないようにして、これからは失敗を恐れず頑張りたいなと思います。

――こうして現在ご活躍されて、当時のチームメイトからの反響はいかがですか?

バラエティに出させてもらうと、それを見てくれた友達とかは絶対連絡をくれたり、写真集とかのイベントがあればわざわざ大阪から日帰りで参加してくれたり。コーチとご飯に行かせてもらったりとかもしているので、いつかみんなでまた踊れたらいいなと思います。

――絆が深いんですね。

そうですね。高校時代は家族よりも長い時間一緒にいたので、普通の友達じゃないです。家族みたいに何でも言えちゃうし、本当に心から応援してくれてるんだなっていうのがすごく伝わってくる仲間なので、いろいろあったけど、私にとって今一番パワーになる、頑張れる源です。

――伊原さんがごまかせていたと思っていた失敗も全部さらけ出してもらって、もっと絆を深くしていけるといいですね(笑)

そうですね(笑)。本当にみんながどう思っているのかを、ただただ知りたいです(笑)。放送が終わったらみんなに確認して、また出場するときのために、ネタ集めしておきます(笑)
○■失敗することも大事

――あらためて、この『NHK杯 輝け!!全日本大失敗選手権大会』という番組は、どんな印象ですか?

皆さんの話が面白すぎて、ずっと笑っていました。私は失敗を避けて通ってきたつもりだったんですが、「あー失敗することも大事だな」と聴いてて思いました。それと、失敗を皆さんの前で言葉にすることで、自分が思ってた以上に意外と大したことじゃなかったり、笑ってもらえたりできるエピソードがあるんだなと思いました。

―――“失敗さん”同士でなにかお話しもされていたんですか?

リハーサルをしたときに、『筋肉体操』の村雨辰剛さんが「すごい面白かったです」と言ってくれて、それがちょっと自信になりました(笑)

――バラエティ番組に出るのはお好きなんですか?

はい! なので、バラエティの収録はすごく楽しいです。お笑いも好きで、普通、ダンスをやってる子は「かっこいい」とか「かわいい」とか思われたいはずなんですけど、私たちの部活は「面白い」と言われたほうがうれしくて、どれだけ笑いを取れるかみたいなところに懸けていた部分があったので(笑)。今日もめっちゃ楽しかったです。なおかつ失敗話をして、自分で勝手にスッキリさせてもらえたので、ありがたいです(笑)

○■朝ドラ出演に親族も大喜び

――『なつぞら』も終盤に向かっていきますが、伊原さん演じる“モモッチ”の見どころを教えてください。

すずさん演じるなっちゃんが東京に来て初めて仕事をするときに隣の席にいたという関係から、今はなっちゃんが相談できる話し相手になっていき、その関係がこれからも続いていきます。その中で、モモッチの成長もありますし、『なつぞら』もどんどん面白くなっていくので、楽しんで見ていただけたらなと思います。

――登場人物たちが“失敗”したり、壁にぶつかったりしながら、成長していく姿が描かれていますよね。モモッチも、“失敗”はありましたか?

モモッチって、周りの人からしたら「おいおいダメだろ!」って思うことも、悪気なく言っちゃうんです。なっちゃんと坂場さん(中川大志)が付き合ってるとウワサを流してしまったり(笑)。でも、本人は失敗と思っていないので、そういう憎めないキャラがこれから大人になってどうなっていくのかというところも見てもらえればと思います。

――川村屋に連れてきてバターカリーを注文したなつが、雪次郎(山田裕貴)の騒ぎでいなくなっちゃって、坂場さんと2人きりにされてしまう…なんて失敗というかハプニング的な出来事もこともありました。

あのシーンは、私が思ってた以上に皆さんがSNSで「モモッチ、2人で残されてどうなっちゃうの?」ってつぶやいてくれていたので、モモッチを見てくれているんだなと思って、うれしかったです。

――SNSは結構見ているんですね。

すごい見ます。モモッチのシーンもそうですけど、私が出てない場面でも「こういう見方があるんだ」って気づかされますし、登場人物のモデルになっている人の予想も結構当たっていて、すごいなと思います。

――朝ドラの影響力の大きさは感じますか?

他のドラマだと、若者向けとか年配の方向けとか、作品によって違うことがあると思うんですけど、朝ドラって本当に幅広い年齢層の方が見ているので、道を歩いていると、若い方にもお母さん世代の方にも声をかけてもらえることが増えて、やっぱりすごいなと思いました。それに朝ドラに出たら、おばあちゃんが連絡をくれてすごい喜んでくれたりもしました。

――ご両親も喜ばれているのでは?

もう毎回見てくれてるし、録画して「今日は10回見た」って連絡がきて(笑)。「いや見すぎでしょ!」って言いながらも、やっぱりうれしいです。

当記事はマイナビニュースの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

もっとよむ

注目ニュース

もっとよむ

あなたにおすすめ