アラサー男子が考える「浮気のボーダーライン」とは?

愛カツ

2019/8/8 06:45


ずいぶんと奥手なアラサー男子もいますが、一般的にいって、アラサーとは、純愛と性愛とのバランスが心の中でうまくとれるようになる頃ですよね。

20歳の頃は、彼女と夜に連絡が取れないと悶々としていたのが、30歳にもなると「まあ、明日の朝起きたら、彼女からLINEの返信が来ているだろう」と思って幸せに眠りにつけるのが、アラサー。

つまり、広く言えば、「ほどよく理性が育っているのがアラサー男子」と、ここでは定義します。

さて、そのようなアラサー男子が考える浮気のボーダーラインとは?

アラサー男子が考える「浮気のボーダーライン」とは?

■ なにかを隠そうとする姿勢が見えたら…

ほどよく理性が育っているアラサー男子にとって、彼女の浮気のボーダーラインとは……

なんらかを隠そうとする恣意性が彼女の言動に見え隠れしたら、それが「浮気」です。

たとえば、会社のイケメン男子のことが好きで、でも本命の彼氏のことも好きという女子がいたとしましょう。

そして、その女子がある日「我慢できず」、会社のイケメンを飲みに誘って、個室居酒屋の薄暗い個室でイチャイチャしたとしましょう。

後日、本命の彼氏に「あの日、会社の男子と飲みに行ったって噂で聞いたけど」と言ったとき、彼女が「いや、行ってないよ」と答えたら、彼は「こいつ絶対浮気している」と直感するのです。

「いや、女友達もいたから」というのもアウト。

反対に「うん、会社の**君とふたりで飲みに行ったよ。でも終電で帰ったよ」と言うとセーフ。

たとえ個室居酒屋の個室で、ヤバいところをチチクリあったとしてもセーフ。

そう、つまり「実際のことはそれほど大切ではない」のです。

■ 20代前半のエグイ経験が男をそうさせている

ほどよく理性が育ってきているアラサー男子にとって、何がもっともイヤかって、彼女の恣意的な言動なんですよね。

恣意的というのは、論理的な必然性がなく、思うままにふるまうさまのことです。

アラサーの彼は彼女と穏やかな安定した関係を維持・発展させたいと思っているから。

では、なぜ彼はそう思うのでしょうか?

理由は簡単。20代の頃、女子の恣意的な言動にさんざん悩まされ続けてきたからです。

極端に言うと、20代の頃、彼女に「好き」と言うと朝までベッドで愛してくれたのに、翌日になると「嫌い」と言われたとか、そういう経験を彼はしてきたから。

女子の気まぐれさにさんざん振り回されてきたから、アラサーになった彼は彼女の恣意的な言動に「もう勘弁」と思うのです。

女子だってアラサーにもなれば、20歳くらいのときにとっていた気まぐれな言動は鳴りを潜め、それなりにオトナな態度で恋愛する人が増えますよね?

20代の頃はあんなに気まぐれだったのに、28歳くらいになるとオトナな理性的な女性になっているものです。

そういう女子を見て、男子はホッとします。

「俺も彼女もようやく落ち着いて恋愛できる歳になった。歳をとるのって悪いことばかりではないな」と……。

それが、アラサーにもなって「イケメンと飲みに行ったって?わたしが?はぁ?個室居酒屋?それどこにあるの?」なんて言われると……

あのややこしい、思い出したくもない20歳の頃にふたたび戻ったかのような気分になって「もうイヤだ」と思うのです。

■ おわりに

では、本命の彼氏に対してウソをさらっと言える能力さえ持っていれば、女子は浮気し放題かといえば、はいそうです、ということになります。

浮気に限らず、この世の出来事は、知らないことは存在しないこと、じゃないですか。

だから、本命の彼氏に対して恣意的な態度をとることなく、ウソであってもいつもオープンマインドでいられる彼女のことを、彼は「俺の彼女は絶対に浮気していない」と思って安心するのです。

あなたがもしそういう態度をしれっととることができる人なら、彼氏以外のイケメンとキスし放題、ハグし放題、裸でなんでもし放題……つまり、なんでもありということになります、理論的にはね……。

ということですが、実際にそういうことしれっとやってのける男の天敵みたいな女子がいるのだから、もうどうにもならない。

(ひとみしょう/作家)

(愛カツ編集部)

当記事は愛カツの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

もっとよむ

注目ニュース

もっとよむ

あなたにおすすめ