BTS 最新シングル「Lights/Boy With Luv」が日本レコード協会からミリオン認定、男性アーティストとしては秋川雅史「千の風になって」以来11年11ヶ月ぶり

SPICE

2019/8/9 00:00


BTSの最新シングル「Lights/Boy With Luv」(2019年7月3日発売)が、日本レコード協会の2019年7月度ゴールドディスク認定でミリオン作品として認定された。

シングルでのミリオン認定は、海外男性アーティスト初。また、ミリオン認定を受けた男性アーティストのシングルは、2007年8月度にミリオン認定を受けた秋川雅史「千の風になって」以来、11年11ヶ月ぶりとなる。
(※3ミリオン認定作品としては、SMAP「世界に一つだけの花 (シングル・ヴァージョン)」が2016年8月度に認定されている。)

今回の認定を受け、BTSメンバーは「ありがとうございます。一生懸命準備した分、たくさんの方から愛されて、とても幸せです。これからも、もっともっといい姿をお見せできるように頑張ります」とコメントしている。

BTSは、今年10月に、ワールドスタジアムツアー『LOVE YOURSELF: SPEAK YOURSELF』の追加公演を、サウジアラビア(リヤド)のキング・ファハド国際スタジアム(King Fahd International Stadium)と、韓国(ソウル・蚕室)のオリンピック主競技場で実施することが決定している。

当記事はSPICEの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

もっとよむ

注目ニュース

もっとよむ

あなたにおすすめ