付き合うのはちょっと無理…「器が小さい」と感じる男性の特徴4つ




たとえイケメンの男性だとしても、「器が小さいな……」と感じた瞬間に魅力は薄れ、即恋愛対象外になってしまうもの。もちろん、人間なので何もかもパーフェクトとはいきませんが、男性には頼れる存在でいてほしいと願う女子にとって、器の小ささがわかってしまう言動というのは、やっぱり致命的。そこで今回は「『器が小さい』と感じる男性の特徴」をご紹介したいと思います。

(1)自分のミスを認めない



仕事でミスをしても自分のミスを認めない男性からは、器の小ささを感じてしまうもの。たとえ上司の前で謝罪をしたとしても、陰で「でも、あれは……」とミスの言い訳をしたり、他人のせいにしたりする姿を見たら興ざめしてしまいますよね。ましてや、自分の正当性を声高に主張などでもし始めたら……。もうドン引きです。
人間は自分がピンチの際に本性をあらわす生き物。だからこそ、ミスをしたら自分の非を素直に認め、堂々と謝罪してほしい!

(2)他人の意見を否定する

器が小さいと感じさせる男性は、常に自分の考えが正しいと思い込み、他人の意見を全否定する言動が見受けられます。自信がないため、他人の意見を聞き入れることは自分にとっての「敗北」ととらえている場合が多く、素直に他人を認めることができません。大切なことを見極めるよりも、自分の正しさを主張することしか考えていない男性には、人間的な魅力を感じませんよね。

(3)嫌なことがあるとすぐ不機嫌に



自分の思い通りにいかないとすぐに顔に出したり口調が荒くなる男性からは、どうしても器の小ささを感じてしまいます。
仕事をしていれば自分の思い通りにならないことは日常茶飯事ですし、他人と意見が合わず自分の考えを押し殺さなくてはいけないことだってあります。だからといっていちいち不機嫌になっている男性は大人気ないですよね。もしそんな男性と付き合ったとしたら、毎日機嫌を伺いながら過ごすことになるかもしれません。
「公の場で冷静でいられない男性にはあまり近づきたくない」というのが女子の本音です。

(4)人の失敗を問い詰める

誰かが失敗をしたらそのミスをフォローするよりも先に、「なぜ、失敗をしたのか」と激怒したりミスの原因を問い詰めるような男性からは、器の大きさは感じられません。ミスの原因を考えるのは問題が解決してからでも間に合いますし、何よりミスをして困っている人をさらに追い詰める必要はありません。
弱っている人をさらに追い詰めようとしている男性の姿を見たら、女子がドン引きすることは間違いありません。

まとめ

いかがでしたか? 女子は細かいことが気になるため、些細な男性の言動から「器の小ささ」を感じてしまいます。自分のことを棚に上げ理想を押し付けるつもりはなくても、「守ってもらいたい」「頼りたい」という願望を抱いている女子は、男性にはいつでも正々堂々といてほしいと願っているのです。

当記事は女子力アップCafe Googirlの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

もっとよむ

注目ニュース

もっとよむ

あなたにおすすめ