「天使は天国へ戻ってしまった」水頭症で頭部96センチの女児、懸命の治療の末死亡(南ア)

南アフリカ・ケープタウンに住むレミカちゃん(Lemicah)は、脳脊髄液が脳室に過剰に溜まる「水頭症」だった。一時は手術で頭部が小さくなったのだが、残念ながら家族に見守られながら生後7か月で息を引き取った。『Daily Voice』など複数のメディアが伝えている。

ケープタウンのデルフト(Delft)という町に住むロザンネ・アレンツェさん(Rozanne Arendze、30)は12歳、6歳、3歳の男児を持つ母親で、待望の女の子を妊娠したことに喜んでいた。ロザンネさんは2017年、4人目となるはずだった男児を妊娠7か月で死産した経験から、このたびの妊娠にリスクがあると言われていたが、赤ちゃんは順調に育っていった。

そして2018年12月、帝王切開で誕生したレミカちゃん(Lemicah)は4.2キロと大きめの赤ちゃんだったが、産声を上げなかった。出産2日目、ロザンネさんはレミカちゃんと対面したが、その頭部を見ても決して「産まなければよかった」という思いは抱かなかったそうだ。

生後5か月で頭のサイズが96センチと母親よりも大きかったレミカちゃんは今年5月末、ケープタウンのタイガーバーグ病院でシャントチューブと呼ばれる細い管を用いて脳脊髄液を頭部から腹腔内へ流す脳室腹腔シャント(VPシャント)手術が行われた。その結果、レミカちゃんの頭部は83センチにまで縮小した。チューブは10年ごとに交換する必要があり、レミカちゃんは頭部の圧があるため目を大きく開けることができないが、普通の赤ちゃん同様に笑ったり指を握ったりするなどの反応を示した。

レミカちゃんの記事が6月12日に南アフリカのメディア『Daily Voice』に掲載されると、多くの人から励ましのメッセージ、さらにおむつや粉ミルクなどのプレゼントが送られてきた。激励は南アフリカからだけでなく、ニュージーランドからも届いたそうだ。

しかし7月に入ると、レミカちゃんの容態は急変した。シャントを挿入している部分から感染を起こし、医師らはチューブを抜かざるを得なかった。症状は悪化し、脊椎にまで影響した。レミカちゃんは以前のように反応することはなくなり動くこともできず、医師からモルヒネを処方された。ロザンネさんがレミカちゃんにモルヒネを使用するのをやめたところ以前のように動き出したが、その後の体調悪化が著しくデルフト・デイ病院へ搬送されたが、7月30日午後2時、処置の甲斐なく亡くなった。

「彼女は天使。今は天国へ戻ってしまった。彼女が産まれてきたのは、私たち家族の絆を強くするためだった」と涙するロザンネさん、レミカちゃんへの多くのメッセージや支援を受けたことに「非常に感謝している」と語っている。

画像は『Daily Voice 2019年6月12日付「WATCH: Plea to help baby with rare illness」(Photo: Jack Lestrade/Daily Voice)』のスクリーンショット

(TechinsightJapan編集部 FLYNN)

当記事はテックインサイトの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

もっとよむ

注目ニュース

もっとよむ

あなたにおすすめ