池畑慎之介、人間ドック後に骨折している事が判明「ヒビだから治るよ!!と言われてたのに」

AbemaTIMES

2019/8/8 20:01

 昨年いっぱいで『ピーター』としての活動を休止することを発表していた俳優の池畑慎之介が8日に自身のアメブロを更新。人間ドッグを受けた結果、背中の肋骨を骨折していたことが明らかになった。


池畑慎之介公式ブログよりスクリーンショット

 池畑は2020年3月31日まで休養を宣言しており、元旦から3月28日まではハワイ、5月13日からはパリに滞在。6月29日にはパリの後でニューヨークに向かったことを報告しており、その後はハワイに再度滞在していた。

世界旅行の最終日となった7月30日のブログでは、ゴルフの途中で自身の操作のミスが原因となりカートから落下したことを報告、「腰の方は、肋骨にヒビが入ってるみたいで、いまだに激痛が、走ります。それも10日ほど大人しく寝てましたので、格段によくなりました!!(笑)」と明かしていた。

8日のブログで池畑は「沢山の方々からのご心配メッセージ、ありがとうございました!!」と感謝の言葉をつづって自撮り写真を公開、「人間ドックでは、内視鏡検査、胃腸共々、健康でした!!内蔵は脂肪肝だし、中性脂肪も多くて、コレステロールも、数値が高めで、要注意!(笑)」と日本に帰国後人間ドックを受けていたことを明かした。

しかし「ま、一安心してたら」「レントゲンでも写りにくかった背中の肋骨が、CT では、くっきり映りまして、肋骨右9番10番11番の3本が、折れてますよ!!と、」「病院からのお知らせです。」と肋骨が折れているCT画像を公開。

「とにかく7月17日から、痛い痛いとハワイでは大人しくしてたので、ヒビだから治るよ!!と言われてたのに、骨折ですか…」と驚いたようで「殆ど痛みが無くなって来たので、コルセットだけは巻いてます。」と自身の写真を公開した。

これに対してファンからは「骨折とは…ビックリですね。時間をかけてゆっくり養生されてください」「骨折早く良くなりますように」「笑うと痛むかもしれなのでにこやかで過ごしてくださいね」「無理しすぎず日々過ごしてください」などのコメントが寄せられている。

当記事はAbemaTIMESの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

もっとよむ

注目ニュース

もっとよむ

あなたにおすすめ