木村一基九段の封じ手で1日目終了 豊島将之王位は3連勝で王手なるか/将棋・王位戦七番勝負

AbemaTIMES

2019/8/8 18:51



 将棋の王位戦七番勝負第3局が8月8日、福岡県福岡市「大濠公園能楽堂」に行われ、挑戦者の木村一基九段(46)が52手目を封じて、1日目を終了した。

第1、2局と、初防衛を目指す豊島将之王位(名人、29)が勝利して迎えた第3局は、早々に本格的な戦いがスタート。持ち時間では、先手の豊島王位がリードしていたが、封じ手前の51手目で、1時間37分の長考があったことで、残り時間では逆転した。

本局の持ち時間は各8時間の2日制。2日目は9日、午前9時から。AbemaTVでは、この対局を終了まで生放送する。

【封じ手時点での残り持ち時間】

豊島将之王位 4時間(消費4時間) 木村一基九段 4時間37分(消費3時間23分)

(C)AbemaTV

当記事はAbemaTIMESの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

もっとよむ

注目ニュース

もっとよむ

あなたにおすすめ