北村匠海、初のアニメ声優「僕のキャリアの中でかなり挑戦的なものだった」

 北村匠海、松坂桃李、浜辺美波が8日、都内で開催されたアニメ映画『HELLO WORLD』プロジェクト始動イベントに登壇。“プレスコ”という手法で声優に挑戦した3人が収録を振り返った。

【写真】アニメ声優に初挑戦した北村匠海

『劇場版 ソードアート・オンライン ‐オーディナル・スケール‐』の伊藤智彦監督初のオリジナル劇場アニメになる本作は、高校生の直実(北村)が未来からきた10年後の自分・ナオミ(松坂)と共にのちに彼女になる瑠璃(浜辺)を救うべく奮闘するSF青春ラブストーリー。イベントには、伊藤監督、主題歌を担当するOKAMOTO’S、Official髭男dism、Nulbarichも出席した。

声優初挑戦となる北村。伊藤監督がついていた細田守監督の『おおかみこどもの雨と雪』などのオーディションを受けたこともあったそうで、「本当にうれしい」と喜び、「僕のキャリアの中でかなり挑戦的なものだったけど、そこに負けないよう果敢にいこうと思いました」と回顧。

『パディントン』で声優を務めたこともある松坂は、また動物を演じるのかと思ったそうで「人間で意表を突かれた」と笑い、監督から手紙でオファーをもらったことを告白。アニメ好きで『ソードアート・オンライン』をずっと見ていたと言う浜辺は、「監督とお会いできること、お仕事できることはすごくすごくうれしかったです」と感慨深い表情で明かした。

伊藤監督が「皆さんの芝居感をなるべく生かせるようにしたかった」との理由から、今作は先にセリフを収録してそこから映像を作るプレスコという手法で製作。自身と監督にしか世界がない中で吹き替えすることは難しかったそうで、北村は「(緊張して)何回も水を飲んで、トイレに行きました」としみじみ。

松坂は「想像力を膨らませながら声を入れないといけなく、監督の要求がミリ単位ですごかった」と触れ、『新世紀エヴァンゲリオン』のシーンを共通認識として監督と芝居を詰めたことを興奮気味に打ち明けていた。

今作では、劇中で流れる劇伴を制作するため、OKAMOTO’S、Official髭男dism、Nulbarichらアーティストが『HELLO WORLD』限定プロジェクト・2027Soundを結成。自身もDISH//として音楽活動も行い、OKAMOTO’Sと親交もある北村は「ものすごいメンツがそろっていて。実験的だと思いましたし、こんな映画音楽聞いたことない。早く映画館で聴きたい」と期待を寄せていた。

映画『HELLO WORLD』は9月20日より全国公開。

当記事はクランクイン!の提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

もっとよむ

注目ニュース

もっとよむ

あなたにおすすめ