鈴木亮平、井上尚弥との初対面でまさかのスパーリングに「勝てるな」

しらべぇ

2019/8/8 18:20




8日、「BRAUN シリーズ9・シリーズ新製品PR発表会」が開催され、俳優の鈴木亮平、ボクシングWBA・IBF世界バンタム級王者である井上尚弥選手が登場。

ブラウンのアンバサダーを務める鈴木は、高級感漂うスーツに身を包んで登場し「たまたまなんですけど、8月8日は『ひげの日』らしいですね。お日柄もよく本当にいい日ですね」とアンバサダーらしい挨拶をした。

■鈴木、井上選手とスパーリング?


鈴木と井上選手は本イベントが初共演。



180cmを超える鈴木を間近で見た井上選手は「すごく大きくて。僕が映画で見ていたよりもシュッとしてる印象がありました」とはにかみ、対する鈴木は「僕もテレビで観ていて、もっと大きい人なのかな?と思ってましたけど…ひょっとしたら勝てるんじゃないかな」と煽って会場を盛り上げる。

鈴木が笑顔を見せながらファイティングポーズを取ると、井上選手からパンチが繰り出され「まさか打ってくるとは思わなかった」と驚きの表情を浮かべる。 その後、何度か井上選手からの優しいスパーリングを受けた鈴木は、笑みを浮かべながら「勝てるな~」と茶目っ気をみせ会場を和ませた。


関連記事:ボクシング界の怪物・井上尚弥選手を倒した男の「引退を決めた理由」に反響

■父親から「ひげの剃り方」を学ぶ


この日は、小型家電ブランド「ブラウン」より、3年ぶりにアップグレードされる『ブラウンシリーズ9』と、新製品『ブラウンシリーズ8』が初お披露目される発表会。



鈴木は「父親が中学一年生の時に父親から『ヒゲの剃り方を教えてやる』と言われた」と自身のひげにまつわるエピソードを紹介し、「何かを塗ったり、横に擦れると危ないとか教えてもらって、ちょっと大人の階段を登った気がしました」と照れ笑いを浮かべる。

続けて、「撮影現場では、ひげの濃い薄いで夜休憩の休みの時間が変わったりする。濃い人は休憩終わりにちょっと早めにメイク室に入って一回剃ったりして…」と役者ならではの苦労も語った。

■ひげはパンチを和らげる?




一方、二十歳まであまり、ひげが生えてこなかったと明かす井上選手は、「父親もひげを伸ばしていて、かっこいいじゃん、生えたらいいなと思った」としみじみ。続けて、「ここ一番の時は必ずひげを剃り身だしなみも意識して試合に挑んでいる」と明かす。

鈴木が「ボクシングでは、ひげが有利とか不利とかあるんですか?」と質問を投げかけると、井上選手は「ひげを生やしている人が言うには、ひげでパンチが滑って逃げやすい、パンチのダメージを吸収できる」と説明した上で、「僕は関係ないと思います」と自らはこの説を否定した。

■井上選手「ファンの期待に応えたい」


そんな井上選手は、11月7日にさいたまスーパーアリーナにて開催される、ワールド・ボクシング・スーパーシリーズ(WBSS)決勝にて、元世界5階級制覇のノニト・ドネア選手と対決することが発表された。



井上選手は「日本人初となるトーナメントへの参加なので、日本のボクシング界が盛り上がるような。また、後輩の選手たちが活躍して出れるよう、優勝しなくてはいけない責任感のある1戦だと思っています」と意気込みを見せる。

最後に「ファンの期待に応えることにプレッシャーも感じますが、そのプレッシャーを力にして、11月7日は、みなさんが熱くなるような試合をみせたいと思います」とメッセージを送りイベントを締めくくった。

・合わせて読みたい→井上和香、ダイエット成功前のウエストに注目集まる 「胸の変化より気になる」

(文/しらべぇ編集部・松野 佳奈

当記事はしらべぇの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ