忘れがち!浴衣でうなじ美人になれるストレッチ方法

yummy!

2019/8/8 17:30


忘れがち!浴衣でうなじ美人になれるストレッチ方法

夏も本番。ビーチでのんびりしたり、バーベキューではしゃいだりと、非日常感あふれる季節。
そんな夏のカップルのデートで定番なのが「花火大会」。
夏の恒例行事なのですが、綺麗な花火を観ながら、飲んだり、食べたり、感動したり……夏を謳歌しているって感じがたまりません。
しかも、周りには綺麗な浴衣を着たかわいい女子もたくさんいて、夏の雰囲気を盛り上げてくれているのですから、楽しくないはずはない! 
女性からみても、浴衣を綺麗に着こなしている女子をみると、うっとりしてしまいますよね。
ということで、今回は浴衣を美人に着こなすためのをご紹介します。

うなじケアで浴衣姿をワンランクアップ!



花火大会やお祭りなど夏のイベントに行くと、浴衣の女子たちが大勢います。
しかし、浴衣は後ろ姿こそが命なのに、残念なことに、気が抜けていませんか? と思う女子の多いこと!
うなじは綺麗にケアされていますか?
うなじこそが、女性としての色気を演出する最大のポイントなのです。
そこで、今回は「うなじ」をケアして、浴衣美人になる方法をご紹介しましょう。

忘れがち! 女の色気あふれるうなじケア



まず、うなじケアとして怠りがちなのが、ムダ毛処理です。
自分ではなかなか目の届かないところのわりに、無造作に生えているので、家族にそってもらうか、理容室などで産毛そりをお願いするのがオススメです。
次に、首筋のスキンケアと同様に、首の後ろもスキンケアが必要です。とくに紫外線は後ろから浴びることが多いので、日焼け止めはもちろん、しっかりと化粧水や保湿ケアをしましょう。
最後にうなじのです。
鎖骨周辺はリンパの滞りやすい部位なので、ここが硬く強張り、血行が悪くなると、顔回りがむくんだり、肌がくすんでしまったりします。
そこで、うなじをスッキリ綺麗にするのご紹介です。

首元スッキリストレッチでうなじ美人に!



この動作は、首の後ろから肩甲骨周りまでゆっくり伸ばし、首や背中の強張りを解消してくれます。
強張りが取れると、血行もよくなり、赤みを帯びた色気のあるうなじになります。
また、首を伸ばす動きであご回りのたるみも改善されるので、仕事の合間やお家でゆっくりしているときなど、気軽にトライしてみてくださいね。
1.両手を頭の後ろで組み、両肘を顔の前に引き寄せます。
%%img:00007166:400%%
2. 息を吐きながら、ゆっくりとおへそをのぞき込み、お尻から腰、背中、首の後ろを伸ばします。
そのまま、5呼吸(吸って吐いて)から10呼吸を目安にキープ。
首は繊細なので、腕で押し過ぎないように注意しましょう。
%%img:00007168:400%%
3. 息を吸いながら、顔を正面に戻し、息を吐きながら両肘を大きく開き、目線を天井に向けて首の前側をゆっくり伸ばします。
そのまま、5呼吸から10呼吸を目安にキープ。
%%img:00007167:400%%
心地よくほぐれる感覚、味わえましたか?

おわりに



浴衣は一年に何回かしか着ない特別な服ですよね。
後ろ姿は自分では見えませんが、他人から見ると気になるもの。
特別な浴衣姿をより美しくするために、うなじをぜひ試してみてくださいね!
(yummy!編集部)

当記事はyummy!の提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

もっとよむ

注目ニュース

もっとよむ

あなたにおすすめ