【九星フラワー占い】六白金星の8月の運勢は「異次元のトビラを開く人に」

OTONA SALONE

2019/8/8 17:04



新しい動きが起こりはじめることが想像される今月。ワクワクしつつもつまずくことも多そうです。

そこを乗り越えていくためには❝自分本来のチカラ❞が何よりの武器になります。

自分の中に秘められた本当の能力って何? 今月はこのことについて考えていきます。

※六白金星の生まれ年は1958年、1967年、1976年、1985年です。
ただし、1月1日~2月4日、5日生まれの場合は前の年の生れになります。

大仕事を任されるのは天から与えられた能力があるから


世の中のあちらこちらで、変化や始まりの風がふいていますが、六白金星はいきなり大仕事を任されそうです。

しっかり者、実力派、王道を行く人、色々な言い方ができますが、天から能力が与えられているということは、ある意味返さねばならない運気の借金があると思ってください。

ですから六白金星はその力を自分のためだけに使っていると運気が伸び悩む傾向にあります。

すべて想定内で本当にいいの⁈


「自分さえよければいいとか思ってないけど?」と言いたい人も多いかもしれませんが、完璧主義で厳しいところのある六白金星さんは、良かれと思って何でも自分でやってしまうところ、ないでしょうか。

あるいは、確実に頼める相手だけに確実にやってもらえることだけを頼んでいないでしょうか。

たしかにきちんとできあがりますが、それでは自分の想像の範囲をこえることはできません。

これは仕事のことだけではありません、趣味だって、恋愛を含めた人間関係だって想定内で終わってしまいますよ。

トビラを開くのは誰だ!


新しい世界のトビラを開く勇気と力を持っているのに、周囲の人はトビラの向こうを見せてくれるのではないかと期待しているのに、しないつもりですか?

行ったことのない場所に行ってみませんか。新しい誘いがあれば乗ってみましょう。

たまには人にムチャぶりもしてみてください。そもそも同じ人とばかり話さず、話したことない人にはなしかけて。

世界がビビットに変わっていくはずです。

今月の恋愛運と金運は?


恋愛運ですが、今月は異性からの注目を浴びやすいので、いつチャンスがきてもいいように常におしゃれをしておきましょう。

女性同士と一緒にいてばかりいるとそのチャンスも逃しやすいので、ひとりで過ごす時間も持つようにしてください。

金運は、今月の努力が実を結んで、収入アップや臨時収入につながりそうです。

今月のラッキーアイテムはこれ!


ラッキーカラーは、パールカラーとパープル。

不安な気持ちと、うまく行かずにイライラする気持ちを落ち着かせてくれるカラーです。

勝負に挑むときは是非身につけて、冷静で懐の大きな六白金星らしさを発揮してください。

ラッキーパーソンは、女性経営者。独立して働き、活躍している女性と接すると、思わぬアイデアがわいてきたり、仕事をがんばる意欲がわいてきたりしそうです。

ラッキーフードは、ビールをトマトジュースで割ったカクテル・レッドアイ。

1日の疲れがスッーと抜けていくでしょう。

ガーベラの花が象徴する六白金星の魅力とは


完璧さを目指す誇り高さがあり、気力・体力にあふれ、リーダーの資質を備えた六白金星。そんな六白の女性にピッタリな花と言えばガーベラではないでしょうか。花のなかでもとくに花らしい形をしていて、太陽のようにくっきりと明るい色あいと華やかで、プレゼント・ブーケとして高い人気を誇っています。完璧さやゴージャスな雰囲気は可愛げがないと思われることもありますが、六白に関してはそれが魅力に。とくに太陽に似たオレンジのガーベラの花言葉は「冒険心」です。戦うことを恐れない六白に捧げます。

※全体の運勢を知りたい人はこちら( https://otonasalone.jp/128480/ )

(イラスト オオスキトモコ)

当記事はOTONA SALONEの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

もっとよむ

注目ニュース

もっとよむ

あなたにおすすめ