【九星フラワー占い】五黄土星の8月の運勢は「狙いを定め欲望を実現」

OTONA SALONE

2019/8/8 17:05



新しい動きが起こりはじめることが想像される今月。ワクワクしつつもつまずくことも多そうです。

そこを乗り越えていくためには❝自分本来のチカラ❞が何よりの武器になります。

自分の中に秘められた本当の能力って何? 今月はこのことについて考えていきます。

※五黄土星の生まれ年は1959年、1968年、1977年、1986年です。
ただし、1月1日~2月4日、5日生まれの場合は前の年の生れになります。

どっしりと構え、じっくり待つ


五黄土星は「引力」「吸引力」の星。

望むものをグイッと引き寄せる力があるといわれていて、その力は❝念❞によるものとも言われています。

自分からササッと身軽に動いて欲しい物を取りに行くというイメージは……ちょっとない、ですね。

忙しく働く五黄土星、好奇心が旺盛で興味がおもむくままに色々な場所に足をのばす五黄土星の人は知っています。

けれども何かを手に入れる時というのは、じっくり腰をすえて、その何かに近い場所にいる人を見わけ、相談したり頼んだりということをして、成果をまたじっくりと待つ、ということをしているように思います。

狙いを定めてから動くこと


そんなどっしり、じっくりが生む魔法の力を思い出してください。

今月は動き回る時期ではありません。

「必要な動き」をそれこそ狙いを定めてしてほしいのです。

ですから見極める力も大切。周囲をよく見て、自分の心の中もしっかりと見つめること。

今だから見つけられることがあるはずなのです。

来年以降のチャンス期に向けてメンテナンスを


そして体についてもよく語りあってください。

もともと体が丈夫な五黄土星ですが、ここでしっかり休み、体に不調があればそれを整えておいてください。

来月から忙しくなりますし、チャンスが巡ってくる可能性があるからです。

今月の恋愛運と金運は?


恋愛運ですが、今月は、パートナーがいる人もまだ交際には至っていないという人も、積極的にアピールするより、少し自分の時間を大切にして気持ちを見つめ直すのに適した時期です。

金運は、レシートなどをとっておいて、ここで自分の出費のくせを見直してみると来月以降、アップしていきそうです。

今月のラッキーアイテムはこれ!


ラッキーカラーは、マスタードカラー。巻物として取り入れたり、マキシ丈のスカートで身につけても◎。

たぶん、しっくり来るというか我ながら似合う!と感じるはず。

新しい何かを始める人に、焦らずにじっくり取り組もうという勇気を与えてくれる色です。

ラッキーパーソンは、掃除をする人。

オフィスがあるビルの清掃員さんや公園や道路の清掃をしている人がいたら、「お疲れさまです」「ありがとうございます」と声をかけると運気がアップします。

例えば山や海に出かけた際、そこに落ちている自分のではないゴミも拾って処分するとさらに開運につながります。

ラッキーフードは、ジャガイモのチーズ焼き。ジャガイモピザでもジャガイモグラタンでもOKです。

五黄土星の夏バテ防止食としておすすめです。

蓮の花が象徴する五黄土星の魅力とは


五黄土星は、9つの星のなかでもっとも運が強いと言われています。
その力の源は、良い物・美しい物だけでなく、悪と言われる物、汚れた物さえも受け入れる度量、器の大きさによるものです。
暗くて、その中に何が含まれているのか見ることもできない泥沼、けっして美しくはないその場所に咲く美しい蓮は、とても五黄土星的な花だと言えます。五黄は決して愛想はよくないけれど、仲良くなってみると愛情深く、生まれながらの姉御肌でもあります。
仏教で蓮は知性や慈悲の象徴とされ、その花言葉は「清らかな心」、「雄弁」です。

※全体の運勢を知りたいひとはこちら( https://otonasalone.jp/128480/ )

(イラスト オオスキトモコ)

当記事はOTONA SALONEの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

もっとよむ

注目ニュース

もっとよむ

あなたにおすすめ