じつは交差点でやってはいけない交通違反とは?


交通事故がもっとも起きやすいのは、違う方向からのクルマが集まる交差点です。そこで、交差点内については普通の場所に比べて、やってはいけないことが数多く決められています。なかには、街中でついやってしまいがちで、よく見かける走り方も含まれています。交差点内で何が禁止になっているかを知り、安全運転を心がけてください。

じつは交差点でやってはいけない交通違反とは?

交差点内だけではない駐停車違反


交差点でやってはいけないこととして、真っ先に思いつくのは駐停車違反でしょう。交差点のど真ん中に駐車・停車された場合、迷惑このうえないので当然ですが、じつは交差点内だけでなく交差点の手前5mまで駐停車禁止になっているのです。

信号が青だからといって、横断歩道に自動車をとめて乗り降りしている光景をよく見かけますが、これは確実に駐停車違反。駐停車違反は駐車違反より罰則が重く、ドライバーが自動車を離れていた場合は違反の点数が3点、反則金は普通車で2万円、ドライバーが車内にいた場合は点数が2点、反則金は普通車で12000円です。

また、交差点から5m以上離れていても、停止線が引かれていた場合はその手前で停車しないと「信号無視」「交差点安全進行義務違反」のいずれかになります。どちらの違反でも点数、反則金は同じでそれぞれ2点、9000円(普通車)です。

交差点での進路変更違反に注意する


そして、意外と知られていない交差点の違反が、追い抜きをしてはいけないというものです。これは、交差点内だけでなく交差点手前30mから違反になります。追い越し違反になりがちなのが、左折車が前にいる場合に車線をはみ出して追い越すもので、こうした際は左折が終わるまで待つ必要があります。

また、2車線以上の道路で信号のある交差点では、交差点手前で車線を分ける線が点線から実線に変わります。この実線エリアで進路変更を行うと進路変更違反です。よく、右左折レーンに入り損ねたときに行いがちですが、そうした際は次の交差点まで進んで迂回ルートを通るようにしましょう。

なお、幹線道路と細い路地が交差しているようなケースでは幹線道路側が「優先道路」という扱いになるので、標識で指示がない場合は追い越しをしても違反にはなりません。ちなみに、追い越し違反の点数は2点で普通車の反則金が9000円、進路変更違反の場合、点数は1点で普通車の反則金は6000円です。

交差点の二段階右折は自動車側も注意


交差点で注意したいこととして、50cc以下の原付だけ行わなくてはいけない「二段階右折」に関するものがあります。というのも、二段階右折に関しては、原付側だけでなく自動車側も注意する必要があるからです。

原付の場合、3車線以上の道路や標識が出ている場合、右折する際はまず交差点を直進。道路を渡ったところで一旦止まり向きを変え、信号が赤に切り替わったらまた直進するという方法をとります。これが二段階右折と呼ばれるものです。

自動車側がなぜ二段階右折に注意しなくてはいけないかというと、この右折を行う原付は右折のウインカーを出しながら直進する、と決められているからです。道路左端を走りながら右ウインカーを出す原付がいたら、二段階右折で直進するものだと覚えておくことが大切です。

当記事はラジオライフ.comの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

もっとよむ

注目ニュース

もっとよむ

あなたにおすすめ