武田真治、『めちゃイケ』終了後にひげ伸ばす 「末っ子だったので」

 俳優の武田真治が8日、都内で行われた第1回『HIGEMEN AWARDS 2019』授賞式に出席。第1回で同賞に輝いた武田は、ひげを伸ばし始めたきっかけとして、自身がレギュラーを務めていたお笑い番組『めちゃ×2イケてるッ!』(フジテレビ系)が終了したことをあげた。

【写真】ダンディーなヒゲメンが勢揃い『HIGEMEN AWARDS 2019』

第1回『HIGEMEN AWARDS 2019』は、カミソリで知られるシック・ジャパンが各界でヒゲスタイルを楽しむ男性を“ヒゲメン”として表彰するもの。開催日である8月8日は「ヒゲの日」に制定されている。初回となる今回、同賞を武田のほか、佐々木蔵之介、テリー伊藤、プロバスケットボール選手の田臥勇太、佐藤寛太が受賞した。

表彰を受けた武田は「正直、きっと筋肉体操のおかげだと思います。これからは数年前にはなかったイメージの、筋肉やひげを推していきたいと思います」と喜びをあらわに。一方で「ちょっと逆に伺いたいんですけど、僕ひげのイメージあります? たまに眼鏡アワードとかで『この人の眼鏡姿見たことないのに』ってあるじゃないですか。大丈夫です?」と会場の笑いを誘った。

ひげを伸ばし始めたきっかけについては「『めちゃイケ』が終わったのが大きいんじゃないかなと思います。メンバーで末っ子だったので、ひげを生やして生意気かなぁというのもあったので」と打ち明け、こだわりを聞かれた場面では「自分から生えるものだから自分で剃る」と独特な言い回しで断言。静まり返る会場に「名言のように言ってみたんですけど、こんなにもシーンと…。ストロボも光らない。物音もしない」と打ちのめされていた。

一方、佐々木は「ひげは、子どもの頃からちょっと余裕のある大人の男というイメージがありました。これからひげメン役がいただけるよう精進していきたいと思います」とコメント。ひげに対するイメージを聞かれると「子どもの頃に父親がひげを剃っているのを見て『大人やなぁ』と。カミソリ怖くないんかな(と思った)」と回顧したうえ、「役柄的に無精髭を生やすというのも、2ヵ月3ヵ月同じスタイルを保つというのは、実は無精じゃなくて、すごく手入れをするんですよね」とこだわりを明かしていた。

イベント後の囲み取材では、武田と同じ事務所で後輩にあたる平山あやが速水もこみちとの結婚を発表したことについてコメントを求められる一幕も。武田は「本当に? おめでとうございます!」と祝福しながらも「こうやってマスコミの方から知らせていただく程度の距離感です。自分自身も続けるようにがんばります」と冗談混じりにコメントを寄せた。

当記事はクランクイン!の提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

もっとよむ

注目ニュース

もっとよむ

あなたにおすすめ