騒がれがちな新幹線のマナーを有吉・マツコ激論 「もう車両を分けよう」

しらべぇ

2019/8/8 15:20

SmokedSalmon/iStock/ThinkStock
長時間の移動となる公共交通機関・新幹線の車両内では乗客同士に他人を気遣うマナーが求められる。食べ物の強い匂いや眠りたい乗客がいるなかでの話し声などはご法度と考える人も多く、昨今はマナー違反が叩かれる風潮もあるほどだ。

7日深夜放送『マツコ&有吉 かりそめ天国』(テレビ朝日系)では、有吉弘行マツコ・デラックスが同問題に言及。持論を展開し、多くの共感を集めている。

◼新幹線のマナー問題


「新幹線でよく揉めている」と嘆く有吉。駅で販売している551蓬莱の豚まんは匂いが強いため車内で食べるのを敬遠する人もいるが、有吉とマツコは「駅で売っているんだから食べるのは当たり前」と熱弁した。

さらに仕事終わりにビールを飲んで労をねぎらいたい者と眠りたい者でぶつかり合うなど、サラリーマン同士も揉めていると有吉は続ける。

それぞれに事情があり、車内での楽しみ方がある以上、こういった揉め事の着地点は難しい。そこで有吉は「もうパーティーシートとスリープシートにわけよう」と車両をわけるよう提案した。


関連記事:マツコが旅行先で集団行動したがる人に苦言 「わかるわ」と共感の声

◼車両内の温度にも不満?


「海外では喋っちゃいけないクワイエットシートがある。日本もそうすればいい」とマツコは有吉の意見に共感。有吉は「みんながストレスを感じている」と指摘し、「サラリーマン」「ご飯食べたい人」「眠い人」と車両を細分化すべきと更に強調した。

ここから発展し、マツコは「新幹線と丸ノ内線の車両内が暑い」と温度についての不満を爆発。

寒いくらいと反論する有吉はマツコらの体型を鑑みて、「ちょっとポッチャリ気味の人が言っている」と推測するが、標準体型と思われるテレビ朝日・久保田直子アナらもマツコに共感し、車内の温度が暑いことを主張し続けた。

◼視聴者は共感


国内の長距離移動において新幹線は外せないだけに、その時間を少しでも快適に過ごしたい気持ちは理解できる。それでも現時点では全員が納得できる環境ではないのも事実。視聴者は有吉らが提唱する「車両わけ」に強い共感を寄せている。









また、車内の気温が暑いと主張するマツコらに共感する声も少なくなかった。



◼車内で許せる飲食は?


しらべぇ編集部で全国20~60代の男女,1360名を対象に「新幹線内での他人の飲食」について調査を実施したところ、「お弁当や飲み物」などは許しがちだと判明した。






男女に差はあるがやはりカレーなどの「匂いが強いもの」は嫌悪されるようだ。

過ごし方によって車両をわけることができるなら、車内での揉め事の多くを解決できるはず。現実的に難しいとはいえ、それを望む利用者は少なくないだろう。

・合わせて読みたい→「好きなことで生きていく」ユーチューバーが仕事に悩み 有吉「仕事を楽しむ才能がない」

(文/しらべぇ編集部・サバマサシ

【調査概要】
方法:インターネットリサーチ「Qzoo」
調査期間:2016年11月25日~2016年11月28日
対象:全国20~60代の男女,1360名(有効回答数)

当記事はしらべぇの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

もっとよむ

注目ニュース

もっとよむ

あなたにおすすめ