西田敏行演じる元院長が裏切った理由とは『サイン』第4話


俳優の大森南朋が主演を務めるテレビ朝日系ドラマ『サイン―法医学者 柚木貴志の事件―』(毎週木曜 21:00~)の第4話が、8日に放送される。

第4話では、柚木貴志(大森)の亡き父が務めていた「慶徳小笠原病院」の医師2人が、ほぼ同時刻に別々の場所で突然死してしまう。柚木が解剖するも、2人からは毒も検出されず、謎は深まるばかり。

それでも事件性を疑う警視庁捜査一課の和泉千聖(松雪泰子)と高橋紀理人(高杉真宙)の前には、セレブ御曹司の「慶徳小笠原病院」院長・小笠原達三(篠井英介)が立ちはだかり、捜査は難航する。

さらに、過去に「慶徳小笠原病院」で起きた医療ミス事件で、「日本法医学研究院」が解剖結果をねつ造したという書き込みもまん延。柚木はもちろん、「日本法医学研究院」の元院長・兵藤邦昭(西田敏行)や現院長・伊達明義(仲村トオル)の身辺に、かつてない波風が立ち始める。

「法医研」に隠された闇の実態とあわせ、第1話で兵藤が息子も同然の柚木を裏切った理由も明らかになる。兵藤はなぜ柚木の解剖結果が間違っているとウソをつき、伊達の解剖結果を支持したのか。一見理不尽な出来事の裏には、秘められた熱き思い、激しい葛藤、やるせなさがあった。

さらに、25年前に起きた柚木の父親の“事故死”にまつわる真相、柚木の出生の秘密、そして柚木が解剖医を目指した理由も判明する。

当記事はマイナビニュースの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

もっとよむ

注目ニュース

もっとよむ

あなたにおすすめ