『ルパンの娘』武内監督に聞く“真面目ボケ”の世界「ふざけまくってます(笑)」


●医療・刑事モノばかりの中で「めちゃくちゃやるか!」
夏ドラマもいよいよ中盤に入ったが、中でも注目度の高い作品は、深田恭子主演の『ルパンの娘』(フジテレビ系、毎週木曜22:00~)だろう。泥棒と警察の許されない恋というキャッチーな設定に、個性豊かなキャスティングやキャラクターデザインの奇抜さなど、独特の世界観が話題を呼び、フジテレビの動画配信サービス・FODの見逃し配信視聴数が過去最高を記録し、Twitterでは「#ルパンの娘」が世界のトレンド3位に入るなど、大きな盛り上がりを見せている。

このドラマのメインディレクターを務めているのは、フジテレビの武内英樹監督。伊藤淳史主演『電車男』(05年)や、上野樹里&玉木宏主演『のだめカンタービレ』(06年)、最近では杏主演『デート~恋とはどんなものかしら~』(15年)など、コメディドラマの秀作を多く手掛けてきたほかに、阿部寛主演『テルマエ・ロマエ』や、今年公開されて話題作となった二階堂ふみ&GACKT主演『翔んで埼玉』など、映画でもヒット作が多い。

そんな武内監督に、「テレビ視聴しつ」室長の大石庸平氏が、『ルパンの娘』制作の裏話や見どころに加え、コメディ演出に目覚めたきっかけなども聞いた――。

○■会社から「自由にやっていいよ」

――武内監督は『テルマエ・ロマエ』シリーズや『翔んで埼玉』など、映画ではぶっ飛んだ作品が多いですが、連ドラでこのような企画はかなり久しぶりな気がします。今回の企画の始まりから教えていただけますでしょうか?

『テルマエ・ロマエ』の稲葉(直人)プロデューサーと一緒に何かやりたいねという話で、今テレビドラマが医療モノや刑事モノばっかりになっている中で、会社からも「おまえたち2人だったら自由にやっていいよ」っていう風に言われたので、「だったらめちゃくちゃやるか!(笑)」というところからスタートしました。

もともと稲葉プロデューサーが『ルパンの娘』の企画を考えていたのですが、「これを武内監督が演出したら面白くなるんじゃない?」って言われて、設定を聞いた途端に「面白いな!」ってなりましたね。『テルマエ・ロマエ』からの流れで『翔んで埼玉』をやって、あのぶっ飛んだ作風をテレビドラマでもできないかなって話をしていたので、「ルパンだったらできるんじゃない?」っていうことですね。

――最初の段階から「チャレンジングなものを連ドラでやろう!」というところから始まったんですね。それにしても、原作からドラマ化にあたって、かなり設定を変えられていますよね。

原作は変身したりしないんでね(笑)。泥棒スーツとかは全く出てこないんです。

――原作の横関大さんの反応はどうですか?

僕は直接お話していなくて、プロデューサーが「原作をこういう風に改編させてください」っていう話をしていて、了承してくださったということだったので、やっていいって言うことならやろう!って感じですね。

――原作にはない“変身する”という世界観はどの段階から出てきたんですか?

企画段階からありました。深田恭子が怪盗モノをやるっていうことで彼女の二面性を強く押し出したいなと。普段の図書館の司書としておとなしく働いている彼女と、とてもアクティブでカッコいい彼女との落差をどこまで出せるかがこの作品の勝負だなって思ったんですね。そういう面って彼女にあまりないじゃないですか。(ドロンジョ役を演じた映画)『ヤッターマン』(09年)でも彼女はそこまでアクティブではないので、こういう表現もできるんだという、彼女をより輝かせるために、泥棒スーツを着てアクションをやらせるっていうのは当初からプロデューサーと決めていました。

――スーツデザインは『翔んで埼玉』の衣装デザインもされた柘植伊佐夫(つげいさお)さんが担当されていますね。

『翔んで埼玉』でご一緒して、柘植さんが作り出す世界観っていうのはとても素敵だなと思って、だから映画だけじゃなくてテレビドラマでもビジュアルで秀でたものを出せたら新鮮じゃないかなってお願いしたんですね。あまりテレビはやらない方なんですけど、映画からのつながりで快く引き受けてくださいました。そうしたらキャッチーなものに仕上がって、そこに対する世間のリアクションもとても大きかったので、すごくうまくいったなと思っています。
○■思いつきで「てんとう虫3号にしよう!」

――以前のインタビューで、『神様、もう少しだけ』では女子高校生に、『のだめカンタービレ』では音大生に取材をしたりと、事前準備の取材をかなりされるとおっしゃっていましたが、今回も事前に取材はされたのでしょうか?

今回は取材…してないんですよね(笑)。『翔んで埼玉』でも埼玉県民の人から “埼玉の心”っていうのを聞いたり調べたりしたんですけど、今回は全然調べてないですね。泥棒に会ってその時の気持ちとか聞けないですからね(笑)

――それでも、今回の作品は気持ちのいい作りものという感じで、作り手の方たちのアイデアがいっぱい詰まっているなという印象です。

本当に想像だけで作っている感じですね。泥棒ってこんな感じじゃないかなとか。主人公たちが畳の中から登場するという設定も、最初脚本ではマンホールだったんだけど、マンホールから出てきても道端だからバレバレだなって思ったし(笑)、ちょっと既視感もあるなと思ったので、畳から出てきたら面白いんじゃないかって思いついたんです。

(超小型遠隔カメラの)「てんとう虫3号」も、脚本の段階だと「防犯カメラをつける」だったんだけど、防犯カメラだけだとちょっとつまらないなって思ったので、防犯カメラがてんとう虫の形をしていたらカモフラージュができて面白いなって思ったので、「てんとう虫にしようよ!」って。しかも「てんとう虫3号にしよう!」ってテキトーに言ったら、脚本家もプロデューサーも乗ってくれて、さらにいろいろ活躍させていったら面白いんじゃないかってなって。最初の思いつきが、今や重要な1つのキャラクターになってくれて。

――「3号」というのも思いつきなんですね。

「3号」ってしておくと、試作機がいくつかあって今に至るんだなってお客さんの想像力をかき立てて、それから4号5号…って出てくるのか?このあとどうなるんだろう…っていうロマンみたいなものも出てくるのかなと思って。で、「3号“改”」「3号“翔”」ですからね(笑)

――脚本づくりが楽しそうですね。

もうふざけまくってますね(笑)。この作品は基本的に“真面目ボケ”なので、ありえないアホな設定を作って、その中で役者さんたちがどれだけド真面目にやれるかっていう、そのズレがたまらなく楽しいっていうのを視聴者の方に感じてくれればいいなって思っています。そのためには、安っぽい舞台じゃダメなんですね。やっぱりきれいな画であったり、豪華なセットと素敵な照明の中で、ボケ倒すとそれがより効いてくると思っています。

――ゴージャスな世界観の中でふざけたことをやるというのが、フジテレビらしいなと思っています。

スタッフもみんな『翔んで埼玉』のメンバーが多いんです。カメラマンから照明、美術、脚本、音楽…とみんな息が合って、勝手知ったるメンバーなので世界観も作りやすいですよね。

●21年ぶりの深田恭子は「成長したなぁ」

――武内監督は、主演の深田恭子さんと『神様、もう少しだけ』以来21年ぶりですね。今回と前作で作風は真逆ですが、どちらもかなりチャレンジングな企画だと思います。深田さんの成長や変化などは感じますか?

あのドラマはかなりチャレンジングでしたね、女子高生が援助交際をしてHIVに感染して亡くなってしまう…というストーリーで、今じゃ考えられないお話ですよね。チーフディレクターになって最初の作品で、いきなりそんなテーマで、しかも当時の金城武さんや深田恭子さんの知名度ってそんなに高くなかったし、その2人で連ドラ1本任せるって言われたとき、正直「終わったな」って思いました(笑)。ある意味崖っぷちに立たされて、命がけで撮った記憶があるので、21年前のことですが鮮明に覚えています。

だから今一緒にやっていて不思議な気持ちなんです。彼女ってあの頃から見た目がほとんど変わらないじゃないですか。だから一緒にやっていて21年前に引き戻されるような感覚があって。彼女も同じようなことを言っているんですけど、すごく不思議な感覚になって、なんだか浦島太郎的な気分になりますね。ただ、容姿はほとんど変わらないんだけど、演技の技術や表現力の成長はもちろん、共演者や現場スタッフへの気配り、雰囲気づくりができるようになっている姿を見ていると、親心じゃないですけど「成長したなぁ、恭子…」って思いますね。

――深田さんも、監督を父親みたいな存在とおっしゃっていました。

親子みたいな関係…だからかもしれないですけど(笑)、演出もすごくやりやすいですね。なんでもすごく素直に聞いてくれるし、言ったことを真摯(しんし)に受け止めてくれるし、それをどう表現したほうがいいのか真面目に考えてくれて、すごく信頼してくれてるんだなっていうのを感じるのですごくやりやすい。

またこちらとしても、彼女にとって『神様―』が多くの方たちにとって代表作と言われているので、それを超える代表作にしたいと思っているし、彼女もそう思ってやってくれているので、その気持ちはお互い共通してるんじゃないかな。だけど親子関係みたいだからか、あんまりしゃべらないんですよ(笑)。そういう緊張感があったほうがいいのかなと思って。あえてあんまりベタベタしないようにはしてますね。

――瀬戸康史さんは、ふざけた空間の中ですごく大真面目な演技をされていて、それがとても面白くてハマっています。監督にはどう映っているんですか?

まず、とても上手な役者さんだなと思いますね。真面目だし、セリフは完璧に入っているし、表現力もあるし、メリハリも効くし、セリフのテンポも良い。最初はもうちょっと女性的な人なのかなって思ってたんですけど、初めて会ったときにとっても九州男児で男らしい人なんだなって思って、なんでそういうところをこれまで表現してこなかったんだろうと逆に疑問に思うほどだったんですよ。

だから、そういう部分を引き出してやると新しい瀬戸康史像っていうのができるのかなっと思ってやっています。警察官に見えるようにがっしりとした体を作ってほしいとお願いしていたら、あっという間に10キロくらい体重を増やしてきて、ムキムキになって、精悍な顔つきになって。だから、彼の新しい一面を出せてるんじゃないかなと思っています。
○■渡部篤郎&小沢真珠は想像以上にしっくり

――他のキャストの方はいかがですか?

渡部篤郎さんはやっぱりうまいですよね、コメディもできて、ふざけたがりだからこっちが抑えてるくらいなんですよ(笑)。変に笑かしにいくより無駄にかっこよくあればあるほど面白いっていうのを伝えて、そういう演技をお願いしています。他がすごくムチャぶりなキャスティングになっているので(笑)、渡部さんがドラマの背骨のような存在でまとめ上げてくれて、すごく感謝しています。

小沢真珠さんは『翔んで埼玉』で一緒にやって、すっごい面白い役者さんだなって思って、だからぜひ今回も「小沢真珠は入れたい!」とお願いしたんです。

――深田さんの母親という実年齢と全然違う役柄ですしね(笑)

すごく無理があるんですけど、そういう無理を乗り越えるぐらいのぶっ飛んだ演技を見せてくれて。リズムもテンポもいいし、彼女は結構やりすぎても成立しちゃうんですよね。むしろやりすぎてないと面白くないという、すごく稀有(けう)な女優さんだと思っています。渡部さんとの相性もすごくよくて、2人の夫婦の会話や絡み合ってる場面はネットでも話題になってくれていますし、その見え方が想像以上にしっくりきたという感じですね。

――個人的にはマルシアさんのキャラクターがすごく面白くてハマってます。『翔んで埼玉』もそうですが、どういうキャスティング会議をすれば意外性があって個性的な役者さんが出てくるんだろうと唸ってしまいます。

全体的にぶっ飛んだキャスティングにしたいよね、あまりテレビドラマに出ない方のほうが面白いよね、その中で逸材を掘り起こしたいよねって話をしていました。それで舞台とかミュージカルをやられているマルシアさんに、これまでのイメージと違う堅物な役柄をやってもらったら、面白い化学反応が起こるんじゃないかなという話になったんです。

――マルシアさんも今後歌ったりするんですか?

どうでしょう、僕はそういうのも見てみたいですけどね。ドラマの中でミュージカルもやってますからね。ちょっと考えてます、まだ分からないですけど(笑)
○■『アウト×デラックス』は宝庫

――意外なキャスティングは、舞台などの役者さんから発想が出てくるんですか?

舞台だけに限らず、いつも新鮮なキャスティングをしたいなと思っていて、『翔んで埼玉』でも実年齢じゃなくてGACKTに高校生やってもらうほうがインパクトがあるし、男役を二階堂(ふみ)にやらせるとか、そうきたか!って思ってもらえるようなキャスティングをいつもしたいと思っているんです。

――そのいきなり登場するミュージカルシーンですが、すごく手間がかかってるなと思って見ています。どんな風に作られているんですか?

まず脚本ができ上がって、そこから曲をつけて、それを音楽家に歌ってもらって、それをもとに大貫(勇輔)さんに踊りを考えてもらって撮影して、最終的にそれをアテレコするという、二重三重四重くらいの構造になっているんです。

ミュージカルを1回やってみたかったんですね。そして、それは本物にやってもらうっていうことに意味があって、普通の役者さんにやらせるんじゃなくてミュージカル俳優に真面目にやってもらうのが面白いんですよ。だから、ミュージカルやバレエダンスをやられている大貫さんをキャスティングした時点で、ミュージカルシーンを作りたい!と思いました。

――同じくダンスと言えば舞踏家でもある麿赤児さんなんですが、知り合いのファンが麿さんの踊りを待望しています。

なるほど…そのアイデアはなかったですね。考えます(笑)。そういうことを毎日会議しながら、誰を踊らせたら面白いなとか、そういうアイデアを出して楽しみながら作ってます。麿さんもそろそろ登場しますよ。

――意外なキャスティングと言えば、先日放送された『アウト×デラックス』での“『ルパンの娘』オーディション”も拝見しました。遠野なぎこさんが合格しましたが、どんな登場をされるのか、とても楽しみです。

遠野さんは結構重要な役どころで登場しますよ。『アウト×デラックス』に出てる方って僕好みの方が多くて、宝庫だなと思いました(笑)。実は遠野さんのほかにも、第5話では山下(恵司)さんも出演しますし、僕の心の中では(加藤)一二三さんにも出てもらいたいし、ミラクル(ひかる)さんにも出てもらいたいし、もうみんな出てもらってもいいんじゃないかと思ってますね。本当に無理矢理なコラボじゃなくて、自然なコラボに見えたらなと思っています。

●最終回まで全キャラクターに注視を

――では、今後の見どころを教えてください。

中盤からドラマが急展開していきます。サスペンスも入ってきますし、設定も変わってくるし、親子の絆だとか意外と深い部分にも入ってきます。だから、「あっこういう展開になるんだ」っていう驚きもあると思います。

――純粋に恋愛ドラマとして2人の恋愛はどうなるんだろう?と気になっています。

警察と泥棒ですからね(笑)。そこも、結構深い人間愛みたいなところに入っていきます。バカバカしいものだと思って見ていたら実は心にひっかかるものも出てくる…というお話になっていきます。あと、最終回に向けて細かいネタ振りがたくさんあって、無駄のないキャラクターづくりになっているので、岸井ゆきのさんが演じるエミリや、加藤諒さんが演じる巻もどういう関わり方をしていくのか、藤岡弘、さんが演じるおじいちゃんもただ真剣を振り回しているだけじゃない(笑)、後半に重要な役を担っていくので、全キャラクターに注視して見ていただければと思います。

そして次回(8月8日放送)の第5話は、自分で言うのもなんですけどすっごい面白いですよ!(笑)。台本ができ上がった段階からすごく面白くて、全体のお話の中でもポイントとなる回になっています。ゲストの田中みな実さんが演じるキャラクターも出てくるんですが、彼女がものすごく芝居がうまいんですよ。とってもうまくてとっても魅力的なので、そこも注目になってくると思いますよ。

○■深津絵里との出会いでコメディ開眼

――ところで、武内監督は『カバチタレ!』(00年 ※)あたりから作風がガラッと変わってコメディのスイッチが入ったと思うのですが、いかがでしょうか?

良く気付きましたね。僕、『カバチタレ!』からなんですよ、変わったのが。それまでコメディじゃなくて、『神様、もう少しだけ』とか『彼女たちの時代』(99年、深津絵里主演)とか、わりとド真面目な作品が得意なのかなって自分でも思ってたんです。だけど『カバチタレ!』の深津絵里さんとの出会いですよね。演技のクオリティが高くて、スピード感とリズムでここまで面白くなるのかって思いました。

あの作品も“真面目ボケ”じゃないですか、だからあれでコメディのコツをつかんだというか、そこから『できちゃった結婚』(00年、竹野内豊主演)になり、『電車男』や『のだめ』になり…と、だんだんコメディが磨かれていったという感じですね。そもそも僕は『神様―』みたいなのも得意なんですよ?(笑)。だけど、コメディがヒットしてきたんでそういう仕事があまり来なくなっちゃて(笑)。本当は、シリアスなもののほうが得意なんです。『今夜、ロマンス劇場で』(18年公開の映画、綾瀬はるか主演)とか、真面目なものもやってるんですよ(笑)

(※)『カバチタレ!』…常盤貴子と深津絵里のW主演。行政書士事務所を舞台にした法律バトルと、彼女たちの他愛ない会話劇や恋愛を織り交ぜたコメディ作品。サブキャストとして光った篠原涼子や、デビュー間もない山下智久や香里奈、妻夫木聡など今見るとそうそうたるメンバーが登場する。また脚本家である大森美香のGP帯ドラマ単独執筆デビュー作で、この作品をきっかけに人気作家となっていった。

――『カバチタレ!』は特に第1話が好きで、テンポのあるセリフとか、音楽のかかり方とか、僕の頭の中にずっと残ってます。

テンポとリズムは『カバチタレ!』でつかんだんですよ。小道具とか小細工に走るんじゃなくて、芝居だけでどう面白く見せていくかっていう技術は『カバチタレ!』の深津さんのおかげで身についたんですね。だから深津絵里さんにはとっても感謝しています。

●武内英樹1966年生まれ、神奈川県出身。早稲田大学卒業後、90年にフジテレビジョン入社。『神様、もう少しだけ』『カバチタレ!』『電車男』『のだめカンタービレ』『デート~恋とはどんなものかしら~』などドラマのほか、『テルマエ・ロマエ』『今夜、ロマンス劇場で』『翔んで埼玉』などの映画も監督している。

当記事はマイナビニュースの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

もっとよむ

注目ニュース

もっとよむ

あなたにおすすめ