岸惠子&清原果耶、戦後の昭和・平成を生き抜いたヒロインに!林遣都、大東駿介らも出演『マンゴーの樹の下で』

戦後の昭和・平成を生き抜いたヒロイン・凛子を、岸惠子と清原果耶がリレー形式で演じる『特集ドラマ マンゴーの樹の下で~ルソン島、戦火の約束~』(NHK総合)が、8月8日(木)22時から放送。岸・清原のほかに、渡辺美佐子、山口まゆ、林遣都、大東駿介、福田転球、安藤サクラ、伊東四朗らが出演する。

太平洋戦争の中で最も凄惨を極めたフィリピン攻防戦の渦中に、6000人以上の民間の日本人女性がいた。窮乏生活の本土に比べむしろ安定した暮らしが営まれていたが、昭和19年、米軍の猛攻が開始されるや状況は一変。マニラ湾を出港する船はすべて撃沈、帰国の途を閉ざされた彼女らは軍の指示に従い、ルソン島内を北へと向かうが、多くはその旅の途中で命を落とす。そんな辛くも生き残った女性たちが書き残した戦争体験をもとに、ドラマを描く。

地域で長年親しまれてきた駅前の小さな写真館が、平成の時代に入り、店をたたもうとしている。その店は、凛子(岸)と綾(渡辺)という2人の女性によって営まれてきた。だが綾が亡くなり、凛子はそろそろ潮時かと思い始めていた。

不動産会社員・門井(林)は、ここぞとばかりに売却を説得。そこに田宮(伊東)が訪ねて来る。彼は現像機器のメンテナンスでこの店に通いながら長年2人を支え続け、凛子に密かな恋心を抱き続けていた。

そこに一通の手紙が届く。昭和に20年のマニラ空襲で亡くなったはずの、綾の弟からの手紙だった。フィリピン人社会に紛れ込み溶け込むことで生きてきた弟が綾の住所を探し出し、送ってきたのだ。凛子の胸に、あのルソン島の日々、そして、凛子と綾だけの秘密がよみがえってくる。

当記事はテレビドガッチの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

もっとよむ

注目ニュース

もっとよむ

あなたにおすすめ