深田恭子主演ドラマ「ルパンの娘」第5話あらすじ

モデルプレス

2019/8/8 10:00

【モデルプレス=2019/08/08】女優の深田恭子が主演を務めるフジテレビ系・木曜劇場「ルパンの娘」(毎週よる22:00~)の第5話が8日、放送される。

◆深田恭子主演「ルパンの娘」



原作は横関大の同名小説で、代々泥棒一家の主人公・三雲華(深田)と代々警察一家の桜庭和馬(瀬戸康史)との決して許されない恋愛を描くラブコメディー。

◆第5話あらすじ



金塊を盗み出した時、三雲華(深田)は桜庭和馬(瀬戸)と顔を合わせた。ついに自分が“Lの一族”だとバレてしまったのではないかと不安になる華は、和馬に呼び出される。正体を偽っていたことを謝ろうとする華だが、先に頭を下げたのは和馬のほうだった。

和馬は橋元エミリ(岸井ゆきの)とお見合いしたことを正直に話して華に詫びる。断ったと聞いてホッとする華だが、和馬は昨日の18時ごろにどこにいたのか尋ねてきた。それは、金塊を盗んだ際に華が和馬と顔を合わせた時間。華は明日、結婚記念日を迎える両親への動画を撮影していたと和馬に見せる。撮影時間を見た和馬は華を抱きしめた。和馬の胸の中で、華はまたウソを重ねたことを嘆く。

華が帰ると、尊(渡部篤郎)、悦子(小沢真珠)、マツ(どんぐり)は次のターゲットを決めていた。それは、世界各国の男にすり寄り、金品を奪う女泥棒(田中みな実)から200億円はするという伝説のダイヤモンドを奪う計画。だが、まだ女泥棒のアジトがつかめていない。渉(栗原類)はタブレットから、女泥棒には男2人の強面の手下がいると警告。しかし、華は家族に「もう泥棒はしない」と断った。

マツは、和馬と何かあったのかと華に聞く。和馬に見せたアリバイ動画は、マツと作ったものだった。信じてもらえたようだと華が話していると、和馬からメッセージが届く。それは、和馬の両親の結婚記念日も明日なので、合同結婚記念パーティーを桜庭家でやろうとの誘いだった。マツがうっかりメッセージを読み上げると尊たちに聞かれ、桜庭家へ出向くことに…。(modelpress編集部)

【Not Sponsored 記事】

当記事はモデルプレスの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

もっとよむ

注目ニュース

もっとよむ

あなたにおすすめ