Anyca、新カーシェアサービスを開始 無人受け渡し可能、1時間800円から

Traicy

2019/8/8 07:38

Anyca Official シェアカーディー・エヌ・エーとSOMPOホールディングスの合弁会社である、DeNA SOMPO Mobilityは、個人間カーシェアサービス「Anyca(エニカ)」で、“0円マイカー”の仕組みによるカーシェアサービス「Anyca Official シェアカー」を8月7日より開始した。

「Anyca Official シェアカー」は、車をDeNA SOMPO Mobilityが所有し、オーナーは駐車場の提供や洗車、清掃などの車の状態管理を担う。オーナーは駐車場の提供と車の管理を行うことで、駐車場代相当額と利用されたカーシェア料金の10%分のAnycaで利用できるポイントが獲得できる。オーナーは、通常の予約より1週間先の予約ができ、ポイントを利用して車を使用できる。個人間カーシェアと異なり、カーシェア受け渡し用の機器が取り付けられていることから無人で受け渡しが可能。最短利用時間は1時間となる。

トヨタ「プリウス」や日産「セレナ」などのベーシッククラスが1時間800円から、メルセデス・ベンツ「Gクラス」やレクサス「NX」などのプレミアムクラスが1時間1,200円から利用できる。都内9区を対象に15台から提供を開始し、40台を順次提供する予定。

当記事はTraicyの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ