芦名星、谷村美月演じる女刑事の不倫を丸裸!『W県警の悲劇』

谷村美月が、芦名星主演の土曜ドラマ9『W県警の悲劇』(BSテレ東/BSテレ東4K、毎週土曜21:00~)の第3話「溺れる女」(8月10日放送)にゲスト出演することがわかった。谷村は、女性刑事・日下凛子役で登場するのだが、同じ署内の先輩刑事と不倫しているようで……。

原作は、「凍てつく太陽」で今年の第21回大藪春彦賞、第72回日本推理作家協会賞を受賞したばかりの葉真中顕(はまなか・あき)による同名小説(徳間書店)。女性警視の主人公・松永菜穂子(芦名)と女性警察官の戦いを描いた、女が怖くなる異色の刑事ドラマで、菜穂子と女性警察官の“バトル”が見どころの、謎解きエンターテイメント。BSテレ東とホリプロが強力タッグを組み、毎回一癖も二癖もある実力派女優たちがゲストとして登場する。

<第3話あらすじ>
監察官・松永菜穂子(芦名)に発せられた指令はある所轄の女性刑事が少女惨殺事件に関わっているかを調査すること。犯行現場に残された遺留品に女性刑事・日下凛子(谷村)のものがあり関与が疑われた。警官が殺人事件に関わっているなど大スキャンダルになる。情報が公になる前に調査し適切に処理することに。凛子を呼び出し詳細を聞き出す菜穂子は、凛子が同じ署内の先輩刑事と不倫していることを見抜く。

既婚者との不倫は警察内では御法度だ。必死に隠そうとする凛子だが、菜穂子の鋭い洞察力に丸裸にされていく。怪しい凛子を追求していく菜穂子に無罪を主張する凛子は驚きの暴露をする。犯行時には不倫相手の先輩刑事とラブホテルにいたという……。

当記事はテレビドガッチの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

もっとよむ

注目ニュース

もっとよむ

あなたにおすすめ