昭和の大衆銭湯がコンセプト!日本初の銭湯風保護猫カフェ「ねこ浴場」大阪・心斎橋にオープン!

IGNITE

2019/8/8 07:00


猫と人の幸せのために、保護猫たちを家族として迎える人々が増えてきた。

そんな素敵な縁を結ぼうと、保護猫たちが日頃の疲れを癒してくれる、”昭和の大衆銭湯”がコンセプトのまったく新しい保護猫カフェが大阪のど真ん中に誕生!



保護猫カフェ「ネコリパブリック」など、保護猫に関わる事業を運営するネコリパブリックは、ネコリパ不動産など猫と人が暮らせる不動産事業を営むイノーヴと共同で、日本初となる銭湯風保護猫カフェ「ねこ浴場」を大阪・心斎橋にオープンした。




■昭和の大衆銭湯をイメージ
「ねこ浴場」は、まるで銭湯の風呂につかって疲れを癒すように、猫に日頃の疲れを癒してもらい元気になれる場だが、猫たちにとっても、運命の家族と出会うためのマッチングの場でもある。ねこ浴に通うだけでなく、実際に猫を家族として迎え入れたい人に最適な施設だ。



【ねこ浴入浴料(入場料)】
平日:10分200円、土日祝:10分250円 ※ドリンク飲み放題350円のオーダーが必要。

【コース(ドリンク飲み放題込)】
1時間コース 平日:1500円、土日祝:1800円
平日限定1日フリープラン3800円

※全て税抜き価格



■「ねこ浴」について
猫と添い寝をしたり、猫と触れ合ったりして「猫分」を温泉のように浴びることで、心身ともに癒されて元気になる。それが「ねこ浴」の効能。

保護猫たちにとっては人と触れ合うことで人馴れトレーニングとなり、人にも猫にも優しい場だ。

・ゴロゴロ音が聞ける
ネコがごきげんなときに鳴らすゴロゴロ音に癒されよう。

・甘える猫の肉球を触ることができる
猫が抱っこをせがんできたら、肉球を触るチャンス!

・猫温湿布ができる
抱っこがOKの猫のみ、猫温湿布が体験できる。畳に寝ころんで、お腹の上や腰の上などに乗ってもらおう。



■「ねこ浴場」施設のポイント
・あちこちにあるインスタ映えスポット
銭湯といえば富士山。ねこ浴場の壁には、アーティストによる富士山があり、壁についているキャットステップで猫がくつろぐ姿は絶好のインスタ映えスポットだ。

また、天井のキャットウォークにはアクリルボールやボードがあり、肉球が丸見えになったり、なかなか見ることのできない猫の下からの姿を眺めることができる。





・店内に持ち込みたい荷物はケロリン桶に! 貴重品は、昭和の時代に実際に銭湯で使われていたロッカーに。





・まったり畳でくつろげる ねこ浴場の畳は、猫仕様にしつらえた特別な畳。

・追加料金で本格的な足湯を楽しむことも。足湯中に膝に猫が乗ってきたら最高にラッキー!





猫たちに癒されながら、新しい家族に出会えるかもしれない。

住所:大阪府大阪市中央区島之内1-14-29 1F(大阪メトロ「長堀橋」駅より徒歩3分)
営業日:月曜日~日曜日
営業時間:平日 12時~21時(最終受付20:30)、土日祝 12時~20時(最終受付19:30)
URL:https://www.neco-republic.jp/necoyokujo.html

(田原昌)

当記事はIGNITEの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

もっとよむ

注目ニュース

もっとよむ

あなたにおすすめ