吉木りさ、妊活中に感じた苦悩 「想像妊娠してはリセットされる日々」

しらべぇ

2019/8/8 05:45




タレントの吉木りさが6日に、自身の公式ブログを更新。妊活中に感じた苦悩を、赤裸々に綴った。

■「想像妊娠→リセット」の日々


この日、「妊活中のあれこれ」と題し、ブログを更新した吉木。「約1年半、一喜一憂する日々」が続いたそうで、イラストを交えながら妊活中に抱いたさまざまな感情について綴る。

妊娠を強く望んでいたせいか、「想像妊娠してはリセットされる日々」だったそうで、「想像妊娠のせいでリセットの時期が遅れてしまうこともあったり」「精神的なものが体に現れている時が1番辛かったと思います」と綴る。


関連記事:元ミニスカポリス・来栖あつこ、不妊治療で「厳しさを痛感」と苦悩を明かす

■1番心強かった方法は…


そして、精神的に追い詰められた結果、さまざまな情報を集めて飛びついては、振り回されていたことも告白。しかし、無事妊娠した今では「結局コツコツ体温を毎日測って、タイミング法を病院の先生のご指導で行なうのが1番心強かったです」と振り返る。

なお、担当してくれた医師はとても信頼のおける人物だったようで、「経済的にも無理のない範囲で試してみましょう」と言ってくれたという。そんな医師に対し、吉木は「淡々と優しく接してくださる先生で精神的にとても助かりました」と改めて感謝の気持ちを綴った。

■妊活中にショック受けた言葉も


今年6月、SNSで妊娠を公表した吉木。俳優・和田正人と17年の11月22日(いい夫婦の日)に入籍してから、1年半後の出来事だった。

またその期間中には、「お子さんの予定は?」「なんで作らないの?」等、配慮のない言葉にショックを受けたことも明かしており、ファンからはエールが送られていた。

■30代女性は2割が妊活経験者


ちなみに、過去にしらべぇ編集部が行なった調査では、全国の20代~60代の女性670名のうち妊活経験者は全体の10.3%。年代別では吉木と同じ30代女性が一番割合が高く、19.5%という結果になった。



吉木が無事に出産できることを、心から願いたい。

・合わせて読みたい→不妊・更年期のはずが… 40代後半の女性が妊娠発覚直後の急展開

(文/しらべぇ編集部・宝田洸太

【調査概要】
方法:インターネットリサーチ「Qzoo」
調査期間:2016年1月22日~2016年1月24日
対象:全国20代~60代の女性670名(有効回答数)

当記事はしらべぇの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ