鍵は20年前の殺人事件!?夫が3人の妻と事実婚をしていた理由が明らかに『旦シェア』第6話

小池栄子主演の木曜ドラマF『わたし旦那をシェアしてた』(読売テレビ・日本テレビ系、毎週木曜23:59~)の第6話が8月8日に放送される。

同ドラマは、同じ男性と事実婚の関係を結んでいた、3人のシングルマザー・森下晴美(小池)、小椋加奈子(りょう)、藤宮茜(岡本玲)が、シェアハウス「シングシングハウス」で共同生活をしながら亡くなった“夫”天谷恭平(平山浩行)の遺産を巡って戦い、数々の謎に巻き込まれていくファイティングミステリー。

恭平の遺言に従いシェアハウスで共同生活を送る3人だが、第6話では、3人の妻たちと恭平との出逢いについて描かれる。そして「なぜ夫は3人の妻と事実婚をしていたのか?」という本作最大の謎が明かされる。それを解き明かす鍵となっているのは、20年程前に始まった、7人の男女が何者かによって殺害された「北神谷町未解決殺人事件」だ。

恭平や妻たちを取り巻く人物たちは、この「北神谷町未解決殺人事件」に何らかの関係があったという共通点を持つ。恭平と旧知の仲で、その殺害事件を捜査する刑事・美保(渡辺真起子)。恭平殺害の実行犯の一人であり、その被害者遺族でもあるシェアハウス雑用係の秀明(赤楚衛二)。そして妻たちを襲い、自らその加害者本人だと名乗った森(黒木啓司)。ついにその事件と恭平との因縁が明らかになる。

そして、凄惨な過去を背負った恭平はいかにして妻たちと出逢ったのか。晴美、加奈子、茜、それぞれとの馴れ初めが描かれる。突如目の前に現れ、その人柄に惹かれた妻たちは次第に心を通わせるようになる。

<第6話あらすじ>
佐伯(渋谷謙人)に襲われて重傷を負った文江(夏木マリ)は意識を取り戻したものの、森(黒木)に殴られた秀明(赤楚)は昏睡状態のままだった。晴美(小池)と加奈子(りょう)が病院に付き添い、茜(岡本)が子供たちの面倒を見ていた。

美保(渡辺)ら警察に守られているものの、逃亡中の森がまた現れるのではないかと晴美たちは気が気ではない。美保に「なんで恭平があなたたちを選んだか分からない」と言われた晴美は、恭平との出会いを語り始める。晴美と加奈子は恭平の思い出を語り合ううち、恭平の主治医だった笠浦の存在に気付く。

当記事はテレビドガッチの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ