横山だいすけ、お兄さん時代の禁断の恋愛事情明かす「彼女いました」


NHK Eテレの子供番組『おかあさんといっしょ』の元うたのお兄さん・横山だいすけが、7日に放送されたフジテレビ系バラエティ番組『梅沢富美男のズバッと聞きます!』(毎週水曜22:00~)に出演し、現役時代の禁断の恋愛事情を語った。

今回は、先週に引き続き「歌と体操のお兄さんお姉さん大集合SP」で、横山のほか、小林よしひさ、佐藤弘道、茂森あゆみ、はいだしょうこが集結。佐藤が「基本恋愛はダメです」と言うと、はいだは「私たちは本当厳しくて、たぶん(前のうたのおねえさんが)破ってたのかな?」と茂森をチラ見した。

茂森は焦りながら、「破ってたわけじゃないんですけど、(うたの)お姉さんになる前からお付き合いしてる人がいて、『(彼氏)います』ってプロデューサーの方には言って、お付き合いしたままお姉さんに」と経緯を説明した。

そんな中、横山は「彼女いました。それこそ、(うたのお兄さんを)始めた時に大学生の時からお付き合いをしている人がいて」と告白。しかし、「高校生の時からうたのお兄さんになりたいというのが夢だったので、その夢をかなえて、まず自分のやらなきゃいけないことを一生懸命やらなきゃって考えて、集中し過ぎちゃって。会う時間もないっていう中で、すれ違っていって、お別れしてしまったっていうのがありましたね」と、破局してしまったことを明かした。

(C)フジテレビ

当記事はマイナビニュースの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

もっとよむ

注目ニュース

もっとよむ

あなたにおすすめ