なろう発「痛いのは嫌なので防御力に極振りしたいと思います。」TVアニメ化 主演に本渡楓

アニメハック

2019/8/7 22:00

(C)2020 夕蜜柑・狐印/KADOKAWA/防振り製作委員会
 アニメ化企画の進行が発表されていた、夕蜜柑氏の小説「痛いのは嫌なので防御力に極振りしたいと思います。」(KADOKAWA刊)のテレビアニメ化が正式決定した。主人公のメイプルが大盾を構えるティザービジュアルと、彼女の奮戦を収録したティザープロモーションビデオも公開。メイプル役は「ゾンビランドサガ」「手品先輩」の本渡楓が務める。

小説投稿サイト「小説家になろう」で連載中の同作は、シリーズ累計40万部、7000万PVを超える人気作。友人に勧められてVRオンラインゲーム「NewWorld Online」に参加した本条楓は、メイプルという名前でプレイを開始。ゲーム初心者の楓は「痛いのが嫌だ」という理由から、ステータスポイントをすべて防御力につぎ込んでしまうが、“絶対防御”のスキルや一撃必殺のカウンタースキルを習得し、あらゆる攻撃を無効化する移動要塞型の最強新人として周囲から一目置かれる存在になっていく。

アニメ版メインスタッフは「すのはら荘の管理人さん」の顔ぶれが再集結。大沼心と湊未來が監督を務め、シリーズ構成を志茂文彦、キャラクターデザイン・総作画監督を平田和也、アニメーション制作をSILVER LINK.が担当する。

8月9~12日に東京ビッグサイトで開催される「コミックマーケット96」のKADOKAWAブースでは、同作と10月からテレビアニメがスタートする「慎重勇者~この勇者が俺TUEEEくせに慎重すぎる~」のコミカライズ版試し読み合同小冊子が無料配布される。

当記事はアニメハックの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

もっとよむ

注目ニュース

もっとよむ

あなたにおすすめ