ガマンできない日焼けのかゆみ! 掻かずに和らげる6つの方法

マイロハス

2019/8/7 20:30

日焼けした女性

日焼けのかゆみ、掻くと気持ちがいいけれど……。

かゆみは炎症を起こしているサインで、日焼けのようなダメージに対する体の反応です」と話すのは、カリフォルニア州ビバリーヒルズの認定皮膚科医で皮膚がん財団広報担当のリサ・チップス医学博士です。

ひどい日焼けの後は、健康な新しい皮膚細胞が表層へ押し上げられるのを促進するために、肌の一番外側にある層が乾燥します(その際に皮がむけることも)。

問題が起こりやすいのはこの時です。日焼けした肌を掻いてしまうと、痛みを生じるだけでなく、感染のリスクや傷跡が残る可能性を高めてしまうとチップス医師は言います。軽い日焼けなら数日で症状は消えていきますが、より深刻な場合は、2週間ほど症状が続くことも。その間、かゆくても掻くことができないのは結構つらいですよね。

かゆみの程度には個人差があるとはいえ、チップス医師によれば、ひどい日焼けの後に「地獄のかゆさ」と呼ぶほどのかゆみを引き起こす人もいるそう。そうした反応が出る人の割合は低いのですが、その症状は、日焼けしてから48時間以内に、がまんできないしつこいかゆみが波のように襲ってくるとクリーブランドクリニックは説明しています。

でもここで魔が差してしまったら最悪。かゆい日焼けを掻くのは、そのときは気持ちよくても、肌の炎症とダメージをさらに広げてしまい、かゆみが悪化してしまう、とチップス医師は注意しています。

日焼けのかゆみは、肌が治ればすぐに弱まるはずですが、かゆみを早く抑えるためにできることがいくつかあります。

1. 刺激の少ないモイスチャライザーを使う

保湿
image via shutterstock

チップス医師が推奨するのは、セラミドやオートエキス、アロエベラ、ビタミンEなどが含まれた肌に優しい無香料の保湿液を肌に塗ること(ただし、含まれている成分に対するアレルギーや過敏症がないことを確認しておくこと)。石油系やオイルをベースにした製品は、肌に熱がこもりやすくなってしまうので避けたほうがいいでしょう。

「浸してから塗る」方法を試すよう勧めているのは、ペンシルベニア大学医学大学院臨床皮膚科准教授で認定皮膚科医のジュールス・リッポフ医学博士。

冷水のお風呂に10~20分ほど浸かって肌を濡らしたら、肌に優しく保湿効果の高いボディローションを塗って水分を肌に閉じ込めます。

2. ヒドロコルチゾン配合クリームを塗る

クリーム
image via shutterstock

炎症を抑え、日焼けのかゆみを和らげるには、ヒドロコルチゾン配合クリームなどの市販の局所ステロイド剤を塗布するのもよいとリッポフ医師は言います。

ベンゾカインや、その他「~カイン」で終わる成分が含まれている製品は避けること。それらの成分は、米国皮膚科学会いわく、刺激がある場合があるとのこと。

3. 一般の痛み止めやかゆみ止めを服用する

薬
image via shutterstock

肌が治癒していくにつれてかゆみが増すので、局所的な治療薬だけではかゆみがおさまらないことも。その場合、イブプロフェンやアセトアミノフェンなどの一般用医薬品(OTC医薬品)を服用すると、かゆみや痛みを鎮めるのによいでしょう。

ベネドリルやジルテックといった抗ヒスタミン剤も日焼けのかゆみの緩和を助けます。日中に眠くならないタイプの薬を選ぶようにしましょう。

4. 冷湿布を試す

保冷剤
image via shutterstock

冷湿布、冷たいお風呂やシャワーも、熱のあるかゆい肌にはかなり気持ちよいものです。

リッポフ医師は、体に塗ったときに冷たく感じられるように、お気に入りの保湿液を冷蔵庫で保管しておくことも勧めています。

5. 水分を補給する

水を飲む女性
image via shutterstock

日焼けをしていると、肌から奪われた水分を補おうとするために脱水を起こしやすいので、日に焼けていることに気づいたらすぐに水分を摂ること

電解質を補給するためにスポーツドリンクを飲むといいでしょう(チップス医師)。日に焼けていない状態になるまでは、余計に水分を摂り続けるよう心がけて。

6. かゆい日焼けを予防するには

日焼け対策
image via shutterstock

かゆい日焼けの予防に一番よい方法は、何よりもまず害のある紫外線から肌を守ること。「日焼けは一時的な炎症に見えるかもしれませんが、早期老化やメラノーマなどの皮膚がんといった長期的な肌のダメージを引き起こす可能性があります」とチップス医師。

したがって、天気のいい日に外で楽しく過ごす際は、できるだけ日陰にいるようにして、日差しをよけられる服装(上着や帽子、サングラスなど)を。SPF30以上のブロードスペクトラム(広範囲の紫外線を防ぐ)の日焼け止めを必ず使用し、2時間ごとに塗り直すこと。また、泳いだり汗をかいたりしたら、その都度塗りなおしましょう。

日焼け対策、しっかりと


Darcy Jacobs/How to Relieve an Itchy Sunburn Fast, According to Dermatologists /Maya A. Kishida(翻訳)

当記事はマイロハスの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

もっとよむ

注目ニュース

もっとよむ

あなたにおすすめ