女性を殴って逮捕の埼玉・幸手市長 「全く身に覚えない」と意外な供述

しらべぇ

2019/8/7 18:40

(bee32/iStock /Getty Images Plus/画像はイメージです)
埼玉県幸手市の市議会議員を経て、2011年の市長選挙で初当選し現在2期目となる市長が、広島県で事件を起こした。しらべぇ取材班は、広島県警、幸手市を直撃。

■女性従業員の顔面を拳で…


広島中央署は、埼玉県幸手市の市長である渡辺邦夫容疑者(62)を7日未明、広島市内で飲食店の女性従業員を殴ったとして、暴行の疑いで逮捕した。市長は7日、広島市中区の雑居ビルで20歳の女性従業員の顔面を拳で数回殴った疑いが持たれている。

警察によると、渡辺市長はビルの飲食店で酒を飲み、店を出たあとに廊下やエレベーターの中で女性を殴ったという。調べに対し、「全く身に覚えがないことで、なぜこのようなことになったのか理解できない」と供述し、容疑を否認している。


関連記事:台湾視察中の市長、飲食店に行くと女性従業員が突然服を… 釈明に疑いの声も

■平和記念式典出席のあとに…


幸手市によると、渡辺市長は5日から2泊3日の予定で広島市を訪れ、6日の広島原爆の日に行われた平和記念式典に幸手市の派遣事業の団長として参加していたという。

地元の中学生5人と市の秘書課長が同行しており、7日は午前中に広島を出発し、夕方に市に戻ることになっていた。市の総合政策部長はこの件を受け急遽広島入りし、情報の収集にあたっているという。

■「経緯もしっかり調べてほしい」


ネット上では、何があったのかという意見があがっている。

「もちろん有ってはならないことだし厳罰に処してほしいけど、経緯もしっかり調べてほしいです」


「公費で広島の平和式典に行って、夜中2時まで飲んでるとは、自覚が足りない」


「本当に酔っていて覚えていないのか、はたまた濡れ衣か。2人だけだと証明が難しい」


「全く身に覚えがない」と供述しているあたり、相当酒で酔っていたのか。早急な事件の全容解明が待たれる。

・合わせて読みたい→薬で眠らせた20代女性を乱暴した男 供述で語った動機に唖然…

(文/しらべぇ編集部・おのっち

当記事はしらべぇの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

もっとよむ

注目ニュース

もっとよむ

あなたにおすすめ