アニメ「荒ぶる季節の乙女どもよ。」第6話、悩める乙女たちは合宿に? 先行カット公開

AbemaTIMES

2019/8/7 18:00



 夏アニメ『荒ぶる季節の乙女どもよ。』第6話のあらすじ&先行場面カットが公開された。

本作は岡田麿里氏が原作、絵本奈央氏が漫画を手がける同名コミックをアニメ化。女子5人を通して「青春とは何か」を描いた青春群像劇。7月5日から、MBS、TBS、BS-TBS「アニメイズム」枠、AbemaTVほかで放送中だ。










第6話「乙女は森のなか」
【あらすじ】

文化祭で恋の伝説を作りたいという実行委員の依頼を受けた文芸部。和紗は、泉と新菜のことが気になり考えがまとまらない。り香は、付き合い始めた天城との距離感がいまいち掴めずにいた。そんな中、案をまとめるためにと、ひと葉は合宿に行こうと提案する。「もう少しだけ待って、もう少しだけ......」

【キャスト】
小野寺和紗役:河野ひより
菅原新菜役:安済知佳
須藤百々子役:麻倉もも
本郷ひと葉役:黒沢ともよ
曾根崎り香役:上坂すみれ
典元泉役:土屋神葉
山岸知明役:福山潤
天城駿役:広瀬裕也
三枝久役:咲野俊介
十条園絵役:戸松遥
杉本悟役:花江夏樹

(C)岡田麿里・絵本奈央・講談社/荒乙製作委員会

当記事はAbemaTIMESの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

もっとよむ

注目ニュース

もっとよむ

あなたにおすすめ