『スッキリ』水卜麻美アナ、スカートめくれるハプニングに驚きの声

しらべぇ

2019/8/7 17:00

(Yuricazac/iStock/Getty Images Plus/写真はイメージです)
7日放送の『スッキリ』(日本テレビ系)で同局の水卜麻美アナウンサーがけん玉を披露する一幕があった。その際に起こったトラブルに、ネット上で驚きの声があがっている。

■けん玉でスカートが…


番組では、「世界が認めた日本のアメイジング10代」のテーマで14歳の天才けん玉少女・Missuさんを紹介。けんを玉の上に乗せてバランスをとる「ボーダーバランス」という難易度の高い技を披露し、その流れで加藤浩次や水卜アナもけん玉にチャレンジすることに。

水卜アナは玉をブンブンと振り回し、共演者から「投げやり…」「危ない」とツッコミが入る。そして、何度目かのチャレンジで衣装のロング丈のスカートが引っかかってめくれあがってしまう。

下着までは見えなかったものの焦る水卜アナに、加藤は「日頃のストレス?」と問いかけていた。


関連記事:水卜麻美アナ『ヒルナンデス!』卒業を発表 涙こらえ「全てだった」

■けん玉をする姿に反響


水卜アナのスカートがめくれあがってしまうトラブルに、ネット上では「危なかった」と驚きの声があがる。







また、振り回すようかのようにけん玉をする姿に「かわいい」との声も。





■もう少しで「放送事故」だった?


もう少し力を入れてけん玉をしていた場合や、スカートが短かった場合は、下着まで見えていた可能性があったはず。その場合、「放送事故」と言われてしまっていたかもしれない。

しらべぇ編集部が全国の20~60代の男女1,537名を対象に「生放送中の放送事故」について調査したところ、全体で約7割の人が「生放送中の放送事故はある程度仕方がないと思う」と回答している。



あわや放送事故になりかけていたかもしれない今回の一幕。「あともうちょっとだったのに…」と思っているファンも少なくないのかも…。

・合わせて読みたい→加藤浩次、『スッキリ』から“弁護士保険”勧められ苦笑 「いらねーよ」

(文/しらべぇ編集部・二宮 新一

【調査概要】
方法:インターネットリサーチ「Qzoo」
調査期間:2018年10月19日~2018年10月22日
対象:全国20代~60代の男女1,537名(有効回答数)

当記事はしらべぇの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

もっとよむ

注目ニュース

もっとよむ

あなたにおすすめ